【19年7月】自力で世界遺産!イズミルからエフェソス遺跡に行ってみた!【トルコ】

世界一周旅行記

まいど!なにもにおです!

 

イズミルには1泊だけの予定だったので、イズミルから電車で行ける世界遺産のエフェソス遺跡の見学に行ってきました!

直通の電車が少ないので少し苦労しましたが、古代ローマ時代を彷彿とさせる広大な遺跡が広がっており、歴史好きにはたまらない場所でした!

エフェソス - Wikipedia

 

スポンサーリンク

11時00分:イズミルのAlsancak駅でセルチュク(Selcuk)駅までのチケットを購入して電車に乗車!

イズミルまではカッパドキアから夜行バスで移動してきました。

【19年7月】カッパドキアからイズミルまでネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyahat)の夜行バスに乗ってみた!【トルコ】
...

 

宿に荷物を置いてAlsancak駅に戻ってきました。

 

 

チケット売り場でセルチュク(Selcuk)駅までと伝えると、11リラ(約220円)でカード式の切符を購入できました。

 

買ってからイズミル到着時に購入していたイズミルカードの存在を思い出しました。見せればよかった…。

 

すべての電車がセルチュク(Selcuk)駅には行かず、直通の電車は少ない(2時間に1本程度)ので、乗り換えが嫌な方は時刻表をしっかり調べてから移動することをオススメします。

 

チケットを手に入れた後は、改札もないのでそのままホームへ。

 

セルチュク(Selcuk)駅は左端にある終点駅です。

 

電車が到着です。

 

内装はキレイでした。

 

ドアが開く際には足場が伸びてきます。

 

Alsancak駅は終点駅にも関わらず、乗ってきた乗客のほとんどは降りずにそのまま電車に乗り続けてました。なんででしょう?

乗車していると物売りの人が回ってきたり、車両の連結部で歌い始める人もいました。異文化で楽しい瞬間です。

 

約30分でこの電車の終着駅のİzban Cumaovası İstasyonuに到着しました。電車を乗り換えてさらに南下します。

 

10分後に来た電車に乗り換えで、約30分後にTepeköy railway station駅に到着しました。

 

12時25分:Tepeköy railway station駅周辺でお昼ごはん!

駅員さん曰く、次のセルチュク(Selcuk)行きは13時発とのこと。45分以上あったので昼食を買いに改札外に一度出ていいか駅員さんに伝えてみると、また戻ってきたら俺に声をかけてくれればOKとのこと。やさしー!

 

このTepeköy railway station駅周辺には飲食店も少なく、ようやく見つけたお店で15リラ(約300円)のハンバーガーを注文しました。英語がほとんど分からない人だったので注文もちょっと苦労しました。

食べ終わって50分に駅に戻ってきました。先ほどの駅員さんに声をかけたらそのまま通してくれたので、お礼に買ったガムをプレゼント。喜んでくれてよかった!

 

駅にはセルチュク(Selcuk)行きがすでに止まってました。

 

13時ちょうどに出発して、セルチュク(Selcuk)駅まで約22分で到着です!

 

13時25分:セルチュク(Selcuk)駅からバスターミナルまで歩いて移動する!

駅前には遺跡がお出迎え。

 

 

エフェソス遺跡行きのバスはバスターミナルから出ており、セルチュク駅からは歩いて10分もかかりません。

 

 

バスターミナル付近には出店もありました。

 

13時30分:セルチュクのバスターミナルに到着!

セルチュクのバスターミナルに到着しました!

 

 

複数のバスがありますが、行き先が書かれているのでわかりやすかったです。

 

ただ、エフェソス(Efesos)とエフェス(Efes)行きがあったので結構悩みました。あとで調べてみると、エフェソスが英語表記、エフェスがトルコ語みたいですね。

運賃表です。

 

 

おっちゃんにエフェス行き?と聞いたら行くとのだったので、3.5リラ(約70円)を支払ってバンに乗り込みます。

 

おそらく時刻表はなく、満席になり次第出発しているみたいでした。ほぼ満席になると同時に、集金していたおっちゃんが運転席に乗り込んで出発です。

 

 

車窓から。

 

乗車時間約10分でエフェス遺跡の駐車場前に到着です!

 

 

セルチュク駅からエフェス遺跡までは歩いて行ける距離ですが遺跡自体が広大で歩き疲れるので、バンで行くことがオススメです!

 

13時50分:世界遺産エフェソス遺跡に到着!

駐車場も広いです。

 

入り口付近には出店も多くありました。

 

入り口は駐車場の奥にあります。

 

これがチケット売り場。

 

入場料は60リラ(約1,200円)でした。

 

チケットを提示してゲートを通過すると、並木道がお出向かえ。

入り口付近にしかトイレがないので済ませておきましょう。

 

そして…猫

 

 

 

猫、猫

 

猫、猫、猫、猫、猫、猫、猫、猫

写真だけで8匹いました。野良猫でしょうか?

 

真面目に観光を始めます。

 

教会跡

 

 

 

 

 

 

 

昔は港と繋がっていた大通り。

 

 

 

5万人が収容できた円形劇場だとか。

 

 

 

 

セルシウス図書館の入り口跡

 

 

 

 

 

…と猫。

 

フランス文化庁の支援で建てられた保護施設にも入ってみました。入場料は30リラ(約600円)です。

修復作業中の様子。

 

 

壁画も残っています。

 

 

 

 

 

床のモザイク画が上から見られました。数千年前にできたとは思えないほどの精巧さ。

 

 

 

 

 

外に出てさらに奥へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

じっくり見学して3時間30分ほどかかりました。

 

17時15分:世界遺産エフェソス遺跡の見学終了!イズミルまでの帰り方!

セルチュク(Selcuk)のバスターミナルまでは来た際に降りたバス停から出ているバンで戻ります。

駐車場を通過して

 

バス停には管理しているおっちゃんがいるので、3.5リラ(約70円)を支払って待ちましょう。

 

すぐにバンが到着しました。

 

10分ほどでセルチュクのバスターミナルに到着です!

 

ゲームに興じているおっちゃんたちを横目にセルチュク駅へと向かいます。

 

駅に到着しましたが、次の電車は約1時間後。疲れと寝不足でホームでウトウトしながら待ち、定刻に来た電車へと乗り込みました。

 

まとめ:イズミルから世界遺産エフェソス遺跡には電車で行ける!本数が少ないことには注意!

今回は自力で世界遺産のエフェソス遺跡にイズミルから行ってみた!についてお伝えしました!

 

イズミルからは電車を乗り継げば最寄り駅のセルチュク駅に到着でき、バンに乗って世界遺産のエフェソス遺跡へと向かいます。

セルチュク行きの電車の本数が少ないため、調べて行かないと乗り継ぎに時間がかかってしまうことだけが難点でしょうか。

エフェソス遺跡は広く、しっかりと見て回ると2〜3時間はかかります。炎天下の中、歩き回ることになるので、しっかりと熱中症対策をしてくださいね。

 

イズミルの次はギリシャ行きのフェリーに乗るため、ボゴラムへと向かいました。

【19年7月】イズミル(Izmir)からボドラム(Bodrum)までパムッカレ社のバスに乗ってみた!【トルコ】
...

 

参考になれば幸いです!

 

ほなまた明日!

 

コメントはこちらから