【19年7月】カッパドキアからイズミルまでネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyahat)の夜行バスに乗ってみた!【トルコ】

バス

まいど!なにもにおです!

 

イスタンブールからカッパドキアまでの夜行バスの記事はこちらから!

【19年6月】イスタンブールからカッパドキアまでネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyahat)のバスで移動してみた!【トルコ】
...

 

カッパドキアからイズミルまでは夜行バスで移動しました。所要時間12時間以上でしたが、バスの設備も良かったため、思ったよりは疲れませんでした。

今回乗車したのは、カッパドキアバスターミナル(Göreme Otogarı)20:15出発予定、イズミルバスターミナル(İzmir Otogarı)08時45分着予定のネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyahat)社のバスです。費用は120.00リラ(約2,400円)でした。

 

スポンサーリンク

20時00分:カッパドキアのバスターミナルに到着!

カッパドキアのバスターミナルは街の中心地にあります。

 

出発予定時間の20時15分から5分遅れてバスが到着しました。

 

バスの内装はイスタンブール〜カッパドキア間で乗ったバスとほとんど一緒でした。

座席の写真を撮り忘れてましたが、足も伸ばせるほどの広さで狭さは感じませんでした。

 

座席番号は手すり下の部分にあります。ちょっとわかりにくかったですね。

 

座席ディスプレイのエンタメも完備。

窓側の席にはコンセントもありました。

 

20時45分:ネブシェヒルのバスターミナル(Kamil Koc)に到着!

約25分でカッパドキア近くのネブシェヒルのバスターミナル(Kamil Koc)に到着しました!

 

イスタンブールからカッパドキアまで一緒になった日本人も乗っていて、ここで別のバスに乗り換えるとのこと。

ご安全に!

 

充電器をメインバッグに入れたままだったので、降りて取ってきました。到着してから15分後には出発して、係員から行き先を聞かれたので「イズミル」と伝えたらおしまいです。パムッカレとイズミル行きの人が大半でした。

 

その後、走り始めて20分ほどで給油。

海外あるあるですね。

 

サービスでお菓子と飲み物の配布もありました。

22時30分ごろには消灯になり、夢の中へ。

 

01時40分:サービスエリア(Özkan Dinlenme Tesisleri)に止まったので散策してみた!

休憩地点に到着した後はエンジンが切られます。Wi-Fiもエアコンも切れて蒸し暑かったので、サービスエリアを散策してみることに。

 

大きめのサービスエリアで、他の夜行バスも複数台止まっていました。

 

 

 

トイレ代は1.5リラ(約30円)でした。

 

散策が終わったのでバスに戻りましたが、蒸し暑い…。ぜひともエアコンはつけっぱなしにしてほしいところです。

 

出発は到着してから25分後でした。その後も順調に走り、約3時間30分後にパムッカレに到着しました。

 

05時30分:パムッカレに到着!市内に行くにはバンに乗り換える必要あり!

パムッカレに到着したとのアナウンスで起こされました。到着したのはModal Bridal Shopという結婚式場の前の道でした。

 

パムッカレの中心地に行く場合は目の前のバンに乗り換えて行くみたいです。

 

イズミル行きの約半数の乗客を載せてイズミルに到着したのは3時間15分後でした。

 

08時45分:イズミルのバスターミナル(İzmir Otogarı)に到着!市内行きのバスがちょっと難しかった!

カッパドキアから所要時間12時間30分でイズミルのバスターミナルに到着しました!

 

 

バスターミナルがおしゃれ。

バスターミナルのトイレは2リラ(約40円)でした。

 

トイレで身支度をした後、イズミルの中心地へとバスで移動しましたが、バス停の場所がちょっとわかりにくかったです。

まずは1階へと降ります。

 

右側にあるタクシー乗り場を通り過ぎて

 

さらに奥へと進みます。

 

イズミル市内行きのバスはこのバス停から出発します。

バス停の目の前にある20階建てぐらいの大きなマンションが目印です。

 

バス停にはバス以外にバンも来ていましたが、どこに行くのかわからず断念しました。

適当に来たバスの運転手に市内行きのバスは302番と教えてもらったので待機です。

 

302番のバスが到着しました!

 

ほとんどの人はイズミルの交通カードで支払ってましたが、どこで買えるのかわからなかったので現金払いだといくら?って聞くと、

 

「いいぜ、乗れ!(無料)」

 

って言ってくれる運転手さん、好きです。

 

前の人がはカードから3リラ(約60円)引かれてたようなので現金の場合、おそらく5リラ(約100円)前後かかると思います。

 

イズミルのバスターミナルから市内までは約30分かかりました。

 

10時00分:駅でイズミルの交通カード(Izmir Card)を購入してみた!

Kemer Otobüs Durağıという駅近くのバス停で下車しました。

 

その後は歩いてİzban KEMER ist駅に向かいます。

 

切符の代わりにイズミルの交通カードが必要みたいだったので、駅で交通カードを買うことに。

 

近くにいた駅員さんに声をかけて交通カードを購入しました。デポジット代も含めて20リラ(約400円)をチャージして運賃は1回7リラ(約140円)でした。

 

裏面はこんな感じ。

 

電車に揺られてAlsancak駅に到着です。

 

まとめ:カッパドキアからイズミルまで12時間以上の夜行バスはそこまで疲れなかった!

今回はカッパドキアからイズミルまでネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyahat)のバスに乗ってみた!についてお伝えしました!

 

設備はイスタンブールからカッパドキアまでのバスとほぼ変わらなかったため快適で、疲れもそれほど残りませんでした。

 

1日しかイズミルに滞在しなかったので、ホステルに荷物を置いた後は、世界遺産のエフェソス遺跡を見に行ってきました!

【19年7月】自力で世界遺産!イズミルからエフェソス遺跡に行ってみた!【トルコ】
...

 

参考になれば幸いです!

 

ほなまた明日!

 

コメントはこちらから