【18年11月】北京西駅発、西安行きの夜行列車(Z43便)に乗ってみた!思った以上に快適な電車旅!【中国】

中国

まいど!なにもにおです!

今回、北京から西安へ夜行列車で行ってみました!

高速鉄道の場合、2等席でも515.5元(約8,373円)ですが、夜行列車の場合は軟臥でも440.5元(約7,155円)と安く、一晩の宿泊費も抑えられます!今後のチベット高原鉄道に乗るための予行演習も兼ねてます。チベット高原鉄道の搭乗記はこちらから!

【24日目/西寧・チベット】チベット高原鉄道に乗ってみた! ドキドキ、ワクワクの夜行列車旅!【中国】
まいど!なにもにおです!昨日の記事はこちらから!今日は西寧からチベット高原鉄道に乗り、チベットに向かう日です。当日までドキドキものでした。その理由とは…?西寧駅に向かう前に…出発する前にお母さんが最後を見送ってくれて、バナナとリンゴ、みかんをくれた。お世話になりましたー!途中にあったお店で肉夹馍(ロージャーモー)を注文。7元(約120円)也。外はサクサクで、中の...

 

今回乗った電車は北京西駅20時12分発、西安駅09時55分到着予定のZ43便です。乗車時間は約13時間弱でした。

初めての夜行列車でしたが、思った以上に快適でぐっすりと寝られました!

 

スポンサーリンク

19時18分:北京西駅到着!チケット売り場で搭乗券を発券する!

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

約1時間前に北京西駅に到着しました。チケット売り場に行くと、夜だったためか列は短く、約10分ほどで先頭に。今回はAirbnbのホストがチケットをネット予約してくれたため、予約番号を見せるだけでチケットがスムーズに発券されました。中国のネット文化は本当に便利。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

中国の高速鉄道のチケットは準備さえすれば簡単に発券できます!

【18年11月】高速鉄道のチケットを窓口で発券してみた!事前準備さえすれば簡単に購入できる!【中国】
まいど!なにもにおです!以前、深センから長沙に行く際には、高速鉄道のチケットを「Trip.com」から予約し、予約番号を伝えて発券しました。今回天津から北京に行くのに、予約せず窓口で直接チケットを発券しました。事前に準備さえすれば簡単に発券できます。「Trip.com」に支払う手数料も不要ですので、少しでも費用を抑えたければ、窓口で発券しましょう!必要なのは1枚の紙だけ!窓口で...

 

19時30分:出発時間まで北京西駅を散策してみた!

チケットを無事に手に入れたので、北京西に入ります。まず出迎えてくれたのは、上りエスカレーター5列!乗車人数の多さを物語ってますね。。。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

エスカレーターを上がると、待合室兼搭乗口の通路に出ます。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

奥が見えんぞ、奥が。

 

今回は4番搭乗口からです。待合室兼4番搭乗口の周囲には売店やトイレもあります。この大きさの待合室が13個もあるってどんだけデカいんだ。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

途中に見つけたお店で晩ごはんを購入。黒椒牛肉を注文すると売り切れらしく、醤汁肉(10元(約161円))を選択!

これが美味しかった!ボリュームもあって、おすすめです!店員さんがちょっとだけ英語(this, oneレベルですが)が喋れたのも良かった!

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

ほかに夜食用のパンを買って戻ってみると、すでに搭乗が開始されていたので、改札を通ることにしました。

 

19時45分:北京西駅発、西安行きのZ43寝台列車に乗ってみた!

今回乗った電車がこちら。先頭は牽引車で、2両目からは寝台列車になってました。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

駅のホームにも個人売店?があるので、買い忘れた水、食べ物、お土産なども買えます。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

今回お世話になった軟臥はこちら。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

軟臥は一部屋に4人分で、硬臥は一部屋に6人分のベッドがあります。写真だと小さく見えますが実際のベッドは広々としていて、身長181cmある私でも体をかがめずに寝られました。190cmぐらいまでなら普通に寝られるでしょう。イメージはちょっと大きめで固めのソファーに近いかも。

 

部屋の奥から入口側を見た写真です。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

テレビと、その上には照明のスイッチ、車掌呼び出しボタンがありました。今回は試していませんでしたが、チベット高原鉄道に乗った時にはテレビの電源が入りませんでした。みんなスマホをいじっているので使えなくなっているかもしれません。使えたとしても中国のテレビしか映りませんが。

 

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

奥には空気調節ダイヤルと、コンセントがあります。コンセントは下段の左手側の1つだけでした。私以外は使っていませんでしたが、延長コードなど、みんなで充電できるコードがあると重宝すると思います。廊下にもコンセントはありますが、2〜3部屋間隔に1個あるだけで早い者勝ちです。

 

ゴミ箱は机の下です。バナナの皮などの生ゴミも関係なくこのゴミ箱に突っ込んでました。後述しますが、車両の共有部分にもゴミ箱はあります。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

写真を撮ったり、荷解きをしたりしていると出発の時間になりました!

 

20時12分:西安に向けて北京西駅を定時出発!

出発予定の20時12分に出発!中国高速鉄道の定時出発の安定感はありますね。出発5分前にはホームに入れなくなるので、当然っちゃ当然ですが。時間に余裕を持ちましょう。

 

出発してから6分後に検札がありました。

チケットを渡すと回収されて、代わりにカードを渡されます。不正乗車防止と、紛失防止を兼ねているんでしょうね。下車駅の前になると再度カードと引き換えにチケットは返してもらえます。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

車内販売もあります。定期的に巡回している様子です。割高でしょうが、買い損ねたものがあれば買えます。

 

後ほど、お湯を入れたケトルも持ってきてくれました。車両共用部にも給湯器があるので、気になる人はこちらの方がいいでしょう。カップラーメンを食べてる人が多かったです。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

熱々のお湯が出るので注意!

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

ゴミの回収も来てくれます。中国の長距離列車は30時間とか40時間運行されるため、移動しながら定期的にゴミの回収も行われます。

 

下段の荷物置き場はベッドの下。上段は入口の上にスペースがあります。上段はこのスペースを二人で使う必要があるので、荷物が多い場合は下段の方がいいと思います。持って上がるのも大変ですしね。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

上段へは、入口横の突起部分を使って登ります。まず下のベッドの上に立ち、次の一歩を突起部分へかけて、上の段へと登っていきます。下の段のベッドを踏み(踏まれ)ますので、基本的にみんな窓側に頭を向けて寝ます。

 

部屋には一人ずつ使い捨てスリッパが準備されてますので、靴を脱いでリラックスできますよ。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

21時00分:北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の車両内部を探索してみた!

廊下はこんな感じです。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

すれ違う時には少し避ける必要がありますが、そこまで狭くありません。窓側にある折りたたみ椅子にも座われます。コンセントも少し設置されているので、充電している人もちらほらいました。

 

トイレは洋式も設置されてます。そこまで綺麗ではなく、トイレットペーパーは設置されてないので、必要があれば自分で持っていきましょう。早朝はトイレラッシュが起きます。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

洗面所はそこまで綺麗ではなく、時間が経つにつれて汚れが増していきます。当然ですが水は飲めません。歯磨きやうがいする時は持ってきたミネラルウォーターを使ってました。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

喫煙スペースは列車の連結部分にあります。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

ゴミ箱も共用スペースにあります。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

体調がすぐれない場合は、乗務員室(医務室)に行きましょう。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

意外と設備は揃ってますし、古臭いという感じは受けませんでした。

 

21時30分:北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の部屋でくつろぐ!

部屋は男3、女1でした。

寝るまでは上段の人が下段のベッドに座ることが多いので、気になる人は上段をオススメします。

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

それぞれのベッドには仕切りがないので、基本的にみんな着の身着のままで寝ます。

この部屋の人は全員イヤホンを使っているため静かでした。また、電話をする時には廊下に出てくれました。まぁ大声で喋るので普通に聞こえてますけど。

スピーカーで大音量で動画を見てる人もいるので、ここらへんはすべて運ですね。中国らしさと言うことで諦めましょう。

 

22時11分:北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便、消灯!

車掌さんが来て、消灯の時間になりました。

いびきについては防ぎようがないですが、BOSEのノイズキャンセリングイヤホンのおかげでだいぶ静かに寝れました。ほんとこれは便利!

 

それではおやすみなさい!

 

6時01分:起床!

次の駅で降りる横のおっちゃんを起こしに来た車掌さんがドアを開けっぱなしにしたおかげで目が覚めました。

同じ部屋の人はいびきもほとんどなくてよく寝れました。いつの間にか進行方向が逆になってたのはびっくり。熟睡してて全く気づかず。

恐れていたトイレに行くと、思ったより汚れてなくて一安心。部屋に戻ってからは廊下で買っておいた「イモムシパン」を食べてました。見た目がイモムシに似てるからと言って、こんな名前つけるかなぁ?

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

 

7時過ぎには音楽が電車のスピーカーから流れて他の人もガサゴソと起き始めて身支度をしている中、睡魔に襲われて二度寝。1時間30分ほど寝てました。

 

09時16分:北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便のチケットが返却されました!

車掌さんがカードを返却しに来てくれたので、カードと交換。その後にはゴミ回収も来て、ゴミ箱、トレイ、スリッパの回収がされます。

 

09時56分:北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便が西安到着!

北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記

定時着でした。約13時間の電車旅も無事に終了!

駅の外に出るのに切符を警備員に見せる必要があるのでチケットは最後まで失くさないように注意が必要です!

 

まとめ:北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便は快適だった!

今回は北京西駅発、西安駅行きの寝台列車Z43便の搭乗記をお伝えしました!

初めての夜行列車でしたが、思っていた以上にしっかりと寝られたので、一安心です。

 

高速鉄道の方が早く到着しますが費用が高いので、夜行列車でゆっくりと移動するのも悪くはありません。特に何も考えずにボーッと移り変わる車窓からの景色を眺めているのも旅の楽しみの一つかもしれませんね。

 

参考になれば幸いです!

チベット高原鉄道にも乗ってみました!

【24日目/西寧・チベット】チベット高原鉄道に乗ってみた! ドキドキ、ワクワクの夜行列車旅!【中国】
まいど!なにもにおです!昨日の記事はこちらから!今日は西寧からチベット高原鉄道に乗り、チベットに向かう日です。当日までドキドキものでした。その理由とは…?西寧駅に向かう前に…出発する前にお母さんが最後を見送ってくれて、バナナとリンゴ、みかんをくれた。お世話になりましたー!途中にあったお店で肉夹馍(ロージャーモー)を注文。7元(約120円)也。外はサクサクで、中の...
【18年11月】 西寧からラサ行きのチベット高原鉄道(Z6801便)の車内設備は充実してた!【中国】
まいど!なにもにおです!11月5日にチベット高原鉄道に乗って西寧からラサ(チベット)に行ってきました!チベット高原鉄道の設備について紹介します!今回乗った電車は、西寧駅14時01分発〜ラサ(チベット)駅11時20分着のZ6801便です。西寧〜ラサのチベット高原鉄道の軟臥の様子!西寧〜ラサのチベット高原鉄道の軟臥の下段!上段とは違い、背もたれがあるのが特徴です。窓...

 

中国横断記事まとめはこちらから!

22泊23日中国横断記事まとめ!深セン、天津、北京、西安、西寧、ラサ(チベット)、成都、重慶の8都市に行ってきた!【世界一周】
まいど!なにもにおです!深センに行った後、22泊23日で、天津、北京、西安、西寧、ラサ(チベット)、成都、重慶に行ってきました!その中国に関する記事をまとめました!22泊23日中国横断の総費用各項目の費用についての内訳と、感想も書いてます!中国観光ビザについて中国に観光目的で行くなら、15日以内であればノービザで訪問できます。ただし、チベットに行く場合は15日以内で...

 

ほなまた明日!

【18日目/北京・西安】再び紫禁城へ!西安行きの夜行列車に初めて乗ってみた!
まいど!なにもにおです!万里の長城「黄花城水長城」に行った昨日の記事はこちらから!今日は北京最終日になりました。さすが2,000万人都市の北京。広すぎてまだまだ回りきれてませんが、初日に行った紫禁城を見尽くせていないので、再度行くことにしました!出かける前に…昨日、ネットが繋がらなくて大変な目に合ったので、朝からChina Unicomのリチャージに再挑戦。結局は180...

コメントはこちらから