【19年6月】イラン滞在15日間の総費用は○○万円でした! とにかく物価が安かった!【イラン】

費用

まいど!なにもにおです!

 

みんな大好きお金の話。

イランには15日滞在していました。イランリアルはとにかく物価が変動しやすいので最新の値段を確認してください。19年6月時点では1ドル=約13万リアルでした。

 

 

経済制裁を受けているイランはとにかく物価が安かったです。

そんなイランの15日間の滞在費用の総額は…

 

 

 

 

 

 

 

 

39,625円でした!

 

実際に現地で使った費用は1,771万リアル=約130ドル(約14,300円)ですね。

 

内訳は以下の通りです。

 

以下一部ツイートで「リエル」となっていますが、正しくは「リアル」です。

埋め込んだTwitterの通貨が間違ってる部分があるので脳内変換お願いします。

なお、イランは現在経済制裁下なので、クレジットカードは使えません。そのため、イランリアルの現金払いが一般的です。日本円の流通は少ないので、ドルまたはユーロと両替します。(一部のペルシャ絨毯のお店はクレジットカードでの支払いができるみたいです。イラン以外の国で登録してるとかいないとか…。)

 

それでは細かい内容について見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

15日間のイラン総費用: ビザ代は7,871円

イランの総費用のうち、ビザ代が約25%を占めました。シラーズ空港でアライバルビザを取得しましたが、ビザ単体の値段としては高いですね。

 

入る必要がある保険の存在も謎でした。

 

イランはアライバルビザが取得できます。イランのシラーズ空港でアライバルビザの取得方法はこちらから!

【19年6月】シラーズ空港でイランのアライバルビザを取得する方法!時間はかかるが申請は難しくない!【VISA】
...

 

15日間のイラン総費用: 宿泊費は12,211円

イランのシラーズで最初の3泊を20ユーロ(約2,400円)/泊の個室にしたため少し値段が上がりましたが、イランのドミトリーは値段の割に設備も整っていて部屋も綺麗だったので、5ユーロ(約600円)/泊のドミトリーで全く問題ありませんでした。

 

なお、イランは経済制裁中のため、クレジットカードは使用できず、ホテルの予約もBooking.comやExpediaなどの大手ホテル予約サイトを経由して予約できないので、各ホテルのウェブサイトから直接予約します

シラーズ、イスファハン、テヘランで泊まったホテルは以下です。各ホテルとも、ウェブサイトのフォームに記入するだけで予約できますよ!

 

シラーズ-Niayesh Hotel

部屋もキレイでしたし、対応も良かったです。

シラーズ空港からのタクシー代も肩代わりしてくれました。イランに到着したばかりで現金がなかったので、非常に助かりました!

 

 

個室はシャワーもついて20ユーロ(約2,400円)/泊でした。

 

ドミトリーは5ユーロ(約600円)/泊です。シャワーもキレイで、十分でした。

 

 

Niayesh Boutique Hotel in Shiraz Reservations
Make a reservation at Niayesh Boutique Hotel in Iran and book your room at this budget hotel in Shiraz in advance.

 

 

イスファハン-Annie Hostel

有名なイマーム広場にも近くて快適に過ごせました。上のフロアには沈没した欧米人がいたみたいでしたが、下のフロアは利用者が少なくほぼ個室のように使えました。5ユーロ(約600円)/泊でした。

 

 

 

Booking – Annie Hostel

 

 

テヘラン-Tehran Heritage Hostel

写真を撮り忘れましたが、内装もキレイで朝食付きだったのはありがたかったです!スイカもあったので腹いっぱい食べてました!こちらも5ユーロ(約600円)/泊です。

 

https://heritage-hostel.com

 

 

3つのホステルは何不自由なく泊まれたのでオススメです!

 

15日間のイラン総費用:食費は8,830円

高そうな雰囲気のお店でも500円前後でお腹いっぱい食べられるので、基本的には本能に従って食べたい時に食べたいものを好きなだけ食べてました。

 

 

 

 

 

 

元親米国家だったイランにはハンバーガーやピザなどのファストフード店が多くあって、さらに安いです!

 

 

 

イランにはアイスクリーム屋さんが多かったです。しかも激安だったので1日3回ぐらいはアイスクリームを食べてました。イランでよく見かけるファルデというアイスはそうめんを凍らせたような食感と甘さで特にお気に入りでした!

 

 

 

 

 

街中にはフルーツジュース屋さんもいっぱい。気軽に飲めてビタミン補給もできるので頻繁に飲んでました!

 

飲酒が違法なイランではノンアルコールビールが売られています。

お酒が違法のイランですが、飲酒もできるとかできないとか…。おっと、誰か来たようだ…

 

15日間のイラン総費用: 交通費は1,900円

シラーズからイスファハーン、イスファハーンからテヘランまで長距離バスを2回、タクシーにも頻繁に乗ってこの価格です。交通費も激安です!6時間以上かかる長距離バスは400円以下でした。

 

安いのでタクシーもよく使っていました。

 

 

ガソリン代にもならないと思ってましたが、

これぞ産油国の力…!

 

イランの地下鉄も1回10円以下と激安です。
以下のツイートの料金は「7.7円」の間違いです。

 

 

 

バスも当然激安です。

安すぎて逆にちょっと罪悪感がありました…。

 

15日間のイラン総費用: 入場料は2,775円

観光地で入場料を払うところもいくつかありましたが、約300円/箇所と高くありませんでした。

 

 

 

 

 

 

15日間のイラン総費用: ツアー代は2,372円

シラーズでペルセポリスと、アクロポリス、パサルガダエのツアーに参加したときの費用です。自力で行った場合はペルセポリスだけしか行かなかったと思うので、ツアーに参加した価値はありました。昼食付きの丸1日ツアーに参加してこの値段なら、満足度は高かったです!

 

 

15日間のイラン総費用: SIMカード代は575円

Simカード代も安かったです。シラーズ空港で見つけられず街中で買うのが少し難しかったですが、不自由のない通信速度でした。

 

ただイランはネット制限がかかっているため、Twitterや Googleのサービスを使う際にはVPNを通さなければならないのは面倒くさいですね。ただし、InstagramはVPNなしで使えます。なんで?

 

15日間のイラン総費用:買い物は389円!

ダヴのシャンプーとコンディショナーを買いました。小さなお店で買ったダブのシャンプーが安かったのですが、中身は別のシャンプーだったので捨てました…。
正規品を購入する場合は大きめのスーパーか薬局で購入することをオススメします。

 

ちなみにスーパーでは以下の値段で売られてました。

 

 

15日間のイラン総費用: その他費用は760円

内容は洗濯代とシーシャ代(10万リアル(約80円))です。

このツイートの後に日本のシーシャ屋のアカウントからフォローされたのは、ちょっと気まずかったです。笑

宿代は5ユーロ(約600円)に対して、洗濯代が2ユーロ(約240円)前後するのは高い気も…。

 

まとめ:イランの物価は非常に安い! ご飯もアイスも美味しい!

今回、15日間のイラン滞在総費用について紹介しました!

 

アメリカからの経済制裁で、イランリアルの価値が下がり続けているため、全てのものが安かったです。 むしろこのクオリティのものをこの値段これだけの値段で済むことに対して申し訳なく感じることもありました。

 

注意点としては経済制裁を受けているため、イラン国内ではクレジットカードが使用できません。そのためドルかユーロを現金で持ち込む必要があります。ヨーロッパとの繋がりが強いため、ドルよりもユーロの方が少しレートが良かったです。

 

参考になれば幸いです!

 

ほなまた明日!

 

コメントはこちらから