【19年7月】イズミル(Izmir)からボドラム(Bodrum)までパムッカレ社のバスに乗ってみた!【トルコ】

バス

まいど!なにもにおです!

 

1泊したイズミルでは世界遺産のエフェソス遺跡の見学に行きました。

【19年7月】自力で世界遺産!イズミルからエフェソス遺跡に行ってみた!【トルコ】
...

 

トルコからギリシャへはフェリーでの移動のため、イズミルからボドラムへとバスで向かいます。パムッカレ社のバスは飲み物とお菓子の配布も多くて快適な旅になりました。

今回乗ったのは、イズミルのバスターミナル10時30分発、ボトラムに13時45分着予定のパムッカレ社のバスで、料金は51リラ(約1,020円)です。

 

スポンサーリンク

09時30分:イズミルのバスターミナル(オトガル)にミニバスに乗って移動!

イズミル市内からバスターミナルまでは距離があるので、Alsancak駅前から出ているミニバスに乗って移動します。

フロントガラスにオトガルと書いてあるバンに乗り込みましょう。運賃は3.5リラ(約70円)でした。

車内の様子です。

 

ドアを開けたまま走ります。

もうちょっと閉めてくれればいいのに…。

 

市内を走り抜け、約30分でイズミルのバスターミナル付近に到着したので降りました。

歩いてオトガルに到着です。

 

 

 

10時00分:イズミルのバスターミナル(オトガル)に到着!

イズミルのバスターミナルの中は広くてキレイでした。

 

パムッカレ社のカウンターで予約メールを提示するとチケットがもらえました。

 

バスは8番乗り場から出発するとのことで、看板に従って移動します。

 

出発20分前でバスがすでに待機してました。

 

メインバッグを自分で入れて、引換券をもらいます。

 

バスの中に誰もいないと思いきや、エアコンが切られていて暑いので、みんな外で待機していました。

バスのりばの近くにはお土産屋さんや軽食、30リラ(約600円)/kgのムール貝屋もありました。安いけど生モノは怖い。

 

 

10時30分:パムッカレ社のバスがイズミルからボドラムに向けて出発!

出発5分前にバスに乗り込みます。席は3列シートで、内装も新しくキレイでした。

 

座り心地の良いシート。

 

座席の間隔も広いです。コンセントは窓際の席の足元にありました。

 

座席ディスプレイはトルコ語だけでした。

 

定刻に出発です。

 

Wi-Fiはチケットに書いてあるリファレンス番号を入力すれば繋がるはずでしたがうまくいかず、乗務員さんにやってもらってもダメで、別の番号を入力してもらってなんとか繋がりました。

 

飲み物とお菓子の配布もあります。

 

美味しいお菓子でした。

 

飲み物とお菓子の配布は1時間毎にありました。

 

不満点は、自分の席のカーテンが短くて、ずっと太陽が当たり続けていたこと。さすがに暑いので空いた席に移動しました。

 

Wi-Fiの調子が良くなかったので、車窓からの景色を楽しんでました。

 

 

 

車窓から海が見えたら目的地のボドラムももうすぐです。

 

 

 

13時45分:ボドラムのバスターミナルに到着!

定刻通りにボドラムのバスターミナルに到着しました!

 

 

バスターミナルでのトイレ代は2リラ(約40円)でした。

 

周辺には飲食店も多くありました。

 

まとめ:イズミルからボトラムまでの道中は快適そのもの!パムッカレ社のサービスは充実!

今回はイズミルからボトラムまでパムッカレ社のバスに乗ってみた!についてお伝えしました!

 

トルコのバスは飲み物やお菓子のサービスが充実していますが、今回乗ったパムッカレ社のサービスが一番よかったです。

 

ボドラムの街並みはトルコなのに地中海の雰囲気でした。

 

 

 

この後、ギリシャのコス島を経由してアテネにフェリーで移動しました!

【19年7月】フェリーでトルコのボドラムからコス島経由でギリシャのアテネに行ってみた!前編【ギリシャ】
...

 

参考になれば幸いです!

 

ほなまた明日!

 

コメントはこちらから