【12日目/天津】天津をのんびり観光!古文化街、天后宮、世紀時計、西開天主教堂、天津の眼も見てきた!【中国】

中国

まいど!なにもにおです!

昨日は関空から天津空港までの移動で一日費やしたので、今日は天津観光に。

【11日目/天津】天津航空「GS7978」で関空から天津空港に行ってきた!快適な格安レガシー!【搭乗記】
まいど!なにもにおです!約3週間で中国横断計画の第一弾として、天津航空で関空から天津空港まで行ってきました!天津航空は預け入れ荷物は20kgまで無料、座席選択もでき、機内エンターテイメントもあり、機内食ありのレガシーキャリアです。これで関西国際空港から天津空港まで片道約25,000円!知名度は低いですが、サービスはレガシーキャリア同様で、快適なフライトでした!天津と北京は高...

自転車で天津を回ってみて、古い建物の近くに高層ビルが立ち並んでいて、新旧融合したような町並みに感じた。どちらかと言うと時間がゆったり流れているような感じだった。

スポンサーリンク

まずは腹ごしらえと思ったけど…

午前中は今後のチベット観光に向けての手続きをやっていたので、のんびりお昼から出発し、昨日の夜に百度地図で調べて評価の高かった店へ。

潰れてる…

気を取り直して近くのお店で孜然三鮮を購入。8元(約130円)也。パイ生地の中にカレー味の具をはさんで焼いたような感じで、食感がパリパリしていて非常に美味しい。

小腹を満たされたので観光へ!

地下鉄に乗ろうとしたら…

3元(約50円)で行ける距離の古文化街に行くことにした。

地下鉄の自動販売機にお金を入れたらエラーが発生。トークンも入れたお金も出てこない。代わりに出てきたのは1枚のレシート。内容は5元のお金が返金できてないことを証明するみたい。今思うと、こんなエラーレシートが出てくるってことは、結構頻繁にエラーが起こるんやろうなぁ。。。

サービスカウンターに見せたら、2元(約35円)トークン✕2枚と、1元(約17円)のお釣りをくれた。あれ?もともと3元(約50円)で行けるところだったはずなのに?間違っている旨を伝えるも理解してもらえず、そのまま電車に乗車。

このまま2枚トークンを持って目的地の駅で出たら改札で引っかかると思い、乗り換え駅で一度改札を出た。もう1枚で再度入ろうとしたらエラーが発生。サービスカウンターに行ったら、このトークンに最初の駅の入場履歴がすでにあるから、買い直す必要があるとのこと。

マジかぁ。。。仕方なくトークンを買い直して、電車に乗ったら、

反対方向やん。これ。

3元(約50円)で行けるところ、結局6元(約100円)かかったし、間違えるし。出だし悪いなぁ。今日。

古文化街をぶらぶら

銅像や、くるみ、翡翠などを売る小さな商店がいっぱい並ぶ。

有名そうなあげもち屋さんがあったので、揚げ餅を3.5元(約58円)で購入。 あんこの入った大福を揚げたようなお菓子。外はパリパリなのはよかったけど、紙にべっとり染みているように油が重い。

古文化街の横は美容関係の問屋街になっていた。統一感ないなぁ。。。

天后宮ってとこを発見。10元(約170円)の入場料を払って入ってみることに。

思ったより楽しいぞ!天后宮!

筋肉隆々な体や眼つきの像は日本とはまた一味違った感じ。迫力あるね!きっとこれを元に日本の文化として発展させたんやろうなぁ。鬼の形相をした像が祀られているのも特徴的。神様なのかなぁ?

建物は朱色が多く、また金色がふんだんに使われている。青色と緑色の装飾は非常に繊細で鮮やか!

お祈りを捧げてた人は、像の前に設置されている台に膝をつき、額をその台につける。作法も全然日本とは異なるなぁ。線香は日本よりも太くて煙の量が多い。だから敷地内がちょっと煙っぽかったのか。

周りの喧騒から離れて、静かな時間が流れているのも面白い。10元(約170円)の価値はあった。

調べてみると、天后宮の創建は1326年らしい。約700年前か。由緒ある場所だったんだなぁ。

自転車で天津を散策!

古文化街の散策を終えて、近くに世紀時計があったので自転車で向かうことに。

古文化街の対岸に渡ったら川岸には洋風の建物の銀行支店が立ち並び、非常におしゃれ!また川岸は整備されており、自転車を漕いでいて気持ちがいい。天気もよくて最高だー!

途中にあった橋は洋風で目立ってた。

そのまま10分ほど漕いで、世紀時計のある世纪钟广场へ向かう。

ひときわ異彩を放つ特異な形。天津のスタバのマグカップの柄に選ばれるぐらい有名で見れてよかった。

世紀時計を見た後、更に漕いで公園で降りた。中国のボードゲーム(名前が分かる人教えて下さい)をしてる人らを取り囲んでおっちゃんらがあーだこーだ言ってる。なんか中国っぽい。

近くのショッピング街へ

歩いてでっかいショッピング街に来た。ここらへんはショッピングモールが林立してて、若者がいっぱい。通路の石畳を全部張替えを行っているらしいけど、剥がした箇所に布を敷いている。なぜ布?

この後、ショッピング街の奥に見えそうで見えない西開天主教堂まで歩いて見に行った。

荘厳!西開天主教堂

信仰心はそんなにないけど、やっぱり教会とかに来ると気持ちが引き締まる。昔の人はなおさらステンドグラスの綺麗さとかに神々しさを感じてたんだろうか。

真面目にお祈りをしてる人もいたので、早々に切り上げた。

近くのお店で12元(約200円)のレモネードを英語で注文したら、店員が拒否反応を出した。 中国では簡単な英語ですら通じない人が多い。中国での英語教育はどうなってるんだろう?

天津の眼を見に行く!

今度は電車に乗って、天津の目という観覧車を見に行くことにする。電車に乗ってたら、小学生がおじいちゃんおばあちゃんと一緒に団体で乗ってきた。迎えが普通なんかな?そんなことを思ってたら乗り過ごして天津西駅到着。まぁ一駅だけやし、このままチャリンコで乗って行くことにした。

手前に人がいるのがわかるだろうか?本当に駅がでかい。

20分ほどチャリンコを漕いで、天津の目に到着。川の上に立ってるのかと思ったら、観覧車が橋の真ん中を通ってて、両脇を車が走ってる!よく建築許可出たな。

100人ぐらいが並んでるのを横目に通り過ぎて対岸へ。さすがに一人観覧車はつらい。辺りにはポップコーンのいい匂いが漂っていて、腹が減ってる今の俺にはなかなか地獄。
いい感じで凪っていたので、綺麗なリフレクションが撮れた。満足。

「よだれが出る」料理?

近くのレストランへ。注文した料理の中国語表記は「口水」、英語名は「mouth watering」、日本語にすると、「垂涎」になる。すごい名前。30元(約510円)

鶏に味が染みていて美味しい。料理が温かかったらもっと美味しかったやろうなー。辛めの味付けでご飯がすすむ!

無事完食!後半はご飯がなくなって、単体で食べたら舌がヒリヒリする。確かに美味しいけど、どちらかと言うと「(辛くて)よだれが出る」感じ。食べ終わってから30分ぐらいずっと辛いって独り言言ってた。周りから見たら変人やな。

それにしてもタバコの吸殻を床に捨てたり、店内に唾を吐いたりするのはやめてほしかったなぁ。。。

そのまま自転車漕いで部屋まで戻りましたとさ。

ほなまた明日!

【13日目/天津・北京】中国の電車の保安検査について考えされられた一日【中国】
まいど!なにもにおです!昨日の天津観光はこちらの記事から!今日の夕方に北京へ移動する予定なので、昨日行けていなかった場所を中心に今日は午前中から活動開始!午前中はサクッと観光へ!自転車で走ってたら逆走してるぞ!と警察から初めて指摘された。確かに中国は右側通行で、泊まってるビルからの一区間だけ自転車道を反対に走ってたけど、よく見かける逆走する電動バイクはお咎めなし?そっちの方が危...

中国(深セン、天津→北京→西安→西寧→ラサ(チベット)→成都→重慶)を旅したまとめ記事はこちらから!

22泊23日中国横断記事まとめ!深セン、天津、北京、西安、西寧、ラサ(チベット)、成都、重慶の8都市に行ってきた!【世界一周】
まいど!なにもにおです!深センに行った後、22泊23日で、天津、北京、西安、西寧、ラサ(チベット)、成都、重慶に行ってきました!その中国に関する記事をまとめました!22泊23日中国横断の総費用各項目の費用についての内訳と、感想も書いてます!中国観光ビザについて中国に観光目的で行くなら、15日以内であればノービザで訪問できます。ただし、チベットに行く場合は15日以内で...

 

コメントはこちらから