【11日目/天津】天津航空「GS7978」で関空から天津空港に行ってきた!快適な格安レガシー!【搭乗記】

中国

まいど!なにもにおです!

約3週間で中国をほぼ横断する計画の第一弾として、天津航空で関空から天津空港まで行ってきました!

 

天津航空は預け入れ荷物は20kgまで無料、座席選択もでき、機内エンターテイメントもあり、食事の提供もありのレガシーキャリアです。

これで片道約25,000円!知名度は低いですが、サービスはレガシーキャリア同様で、快適なフライトでした!

 

天津と北京は高速鉄道で約30分で移動でき、料金も1,000円もかかりません。北京に行きたいけど航空券が高いと悩んでいるのであれば、まず天津航空で天津空港に行き、北京へ高速鉄道で向かうのも一案だと思います。

【13日目/天津・北京】中国の電車の保安検査について考えされられた一日【中国】
...

 

今回乗ったフライトは「GS7978」便で、関空13時20分発、天津空港15時20分着予定の便でした。

 

スポンサーリンク

10時58分︰関空到着!

天津航空のカウンターは関空の北側のC14〜18でした。預け入れ荷物は20kgまで無料ですが、手荷物は5 kgまでとちょっと厳しめです。今回は手荷物の重量チェックはありませんでしたが、不要な荷物は預け入れ荷物に入れましょう。

 

11時16分︰天津航空にチェックイン!

チェックインカウンターに並んでいる人の8割は中国人で、関空なのにすでにアウェー感。カウンターではスマホで予約表を見せる必要はなく、パスポートだけで問題ありませんでした。

座席の場所を選べたので、窓側の席を選択。さすがレガシー。チェックインはサクッと2分ほどで終了しました。ちなみにメインバッグとサブバッグの重さは9.5kgと5.4kgでした。

 

11時21分︰KORラウンジでくつろぐ!

時間が少しあったので、3階にあるKORラウンジへ。受付のお姉さんに「新しく就航した航空社ですか?」と聞かれるほどの知名度のなさ。ラウンジのお姉さんと喋るきっかけにいいかも知れませんね。笑

昼過ぎの便なので、腹ごしらえにどん兵衛とカップヌードル、おにぎりを頂きました。久しぶりに食べたどん兵衛のスープが美味しい。最後にビールを一杯頂いてからゲートへ向かいました。

KORラウンジのWi-Fiが遅くて、ほぼ使い物になりませんでした。そこまで混んでなかったのに使えないのは改善してほしいです。

 

12時08分︰出国検査場通過!

保安検査場で筆箱の中に入れてあったハサミについて指摘され、刃渡り6cm 以上は持ち込み禁止ということで没収されました。今後も同じ指摘があると思われるので、ある意味没収されて良かった…と自分に言い聞かせてます。

 

12時27分︰ラウンジ六甲で時間を潰す!

搭乗前の30分ほどをラウンジで過ごしました。ここもWi-Fiが遅いのなんの…。速度制限がかかっている回線とほぼ変わらないスピードでした。登録なしで下り30Mbps程度出ていた韓国の仁川国際空港を見習ってほしいですね。

 

12時59分︰ゲート通過!

12時50分頃から搭乗手続きが始まり、通過する際に手荷物の重量チェックはありませんでした。ただし、明らかに荷物が多い人は呼び止められていました。免税区域で買ったものも持ち込み荷物に該当するので、注意が必要です。

 

13時03分︰飛行機搭乗!

中国の航空会社らしく、「福」の文字が印刷されている座席です。

 

座席の広さは181cmのなにもにおが座ると、膝の前には握りこぶしが1個入るぐらいのスペースです。窮屈ではありませんが、LCCの席の広さと変わらない程度です。機種はA330-300でした。

 

座席の前には液晶ディスプレイがあり、映画や音楽、ゲームなどの機内エンターテイメントを離陸前から楽しめます。

 

字幕は中国語のみですが最新の映画もあり、Ocean’s Eightを視聴しました。普段はLCCしか乗っていないので、久しぶりに飛行機の中で映画見ましたが、放送が入ると途切れるのが残念ですね。

音楽は、浜崎あゆみと葉加瀬太郎のアルバムがありました。邦楽はそこまででしたが、特に洋楽が充実しており、レディー・ガガや、アヴリル・ラヴィーン、ブルーノ・マーズなどのアルバムもありました。

 

安いので混雑しているかと思いきや、2-4-2の真ん中のシートがガラガラで、搭乗率は5割程度。ちょっと今後が心配になります。

 

安全設備の説明は目の前のディスプレイに映し出されて、天津の観光名所を紹介しながら説明がありました。観光の手助けにもなりますし、飽きずに見れますし、いいアイデアですね。某日系航空会社の無機質な安全設備の案内よりも好感が持てます。

 

予定より少し遅れましたが、無事に離陸しました。

 

14時21分︰食事と飲み物の配布!

おそらく回鍋肉だと思われますが、しっかりと味付けされており、機内食としては味は悪くありませんでした。ボリュームは多くなく、小腹を満たす程度です。一緒に飲み物も頼めたので、オレンジジュースを頂きました。

 

16時28分︰天津空港到着!

予定より1時間遅れてでしたが、無事に天津空港に到着しました。道中ほぼ揺れることなく安心して乗っていられました!

 

まとめ:知名度は低いが、格安レガシーキャリア!

空港のスタッフも知らないぐらい知名度の低い天津航空ですが、機内サービスなどはレガシーキャリアと遜色ありません。席は狭めではありますが、関空から天津まで約2〜3時間のフライトですので、気になりませんでした。

 

高速鉄道で天津から北京までは30分程度で行けますので、北京行きの航空券が高い場合の選択肢として天津航空を使ってみてはいかがでしょうか?

 

余談ですが、天津空港に着いた後、初めて検疫検査に引っかかり、別室へと連行されました。体温の計測と、喉の粘膜の採取をされた後、自覚症状もないとのことで開放されましたが、一瞬このまま中国に入国できないのではないかとヒヤヒヤしました。

 

翌日の天津観光の記事はこちらから!

【12日目/天津】天津をのんびり観光!古文化街、天后宮、世紀時計、西開天主教堂、天津の眼も見てきた!【中国】
...

 

中国(深セン、天津→北京→西安→西寧→ラサ(チベット)→成都→重慶)を旅したまとめ記事はこちらから!

22泊23日中国横断記事まとめ!深セン、天津、北京、西安、西寧、ラサ(チベット)、成都、重慶に行ってきた!【世界一周】
...

 

コメントはこちらから

タイトルとURLをコピーしました