【19年6月】イスタンブールからカッパドキアまでネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyahat)のバスで移動してみた!【トルコ】

バス

まいど!なにもにおです!

 

イランのテヘランからアゼルバイジャンのバクー経由でトルコのイスタンブールに到着しました!

【19年6月】テヘランからバクー空港までアゼルバイジャン航空J2 9006便に乗ってみた!【アゼルバイジャン】
...
【19年6月】バクーからイスタンブールまでアゼルバイジャン航空J2 75便で飛んでみた!【トルコ】
...

 

イスタンブール新空港から市内へはシャトルバスが安くて便利です。

【19年6月】イスタンブール新空港から市内への行き方!シャトルバスが簡単でオススメ!【トルコ】
...

 

イスタンブールの後はカッパドキアへバスで移動しました。トルコは電車よりもバスが発達しているので安く簡単に移動できます。

イスタンブールからカッパドキアへはメトロ(Metro)とネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyahat)の2社がありますが、Airbnbの隣人曰く、メトロはサービスが悪いとのことで今回はネヴシェヒル・ セヤハットに乗ってみました。

 

今回乗車したのはネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyahat)というバス会社で、イスタンブールのEsenler Otogarıバスターミナル22時00分発、カッパドキア(Göreme Otogarı)10時30分着予定の便です。料金は140リラ(約2,800円)でした。

 

スポンサーリンク

19時45分:宿を出発してイスタンブールのオトガル(Esenler Otogarı)に向かう!

トルコではバスターミナルのことをオトガル(Otogarı)と呼びます。イスタンブールのメインのバスターミナルは、街の西側にあるオトガル(Esenler Otogarı)です。

 

地下鉄の駅が直結しているのでオトガルまでは簡単に移動できます。宿からバスと地下鉄を乗り継いでオトガルに到着するまでは約45分かかりました。

 

20時30分:イスタンブールのバスターミナル(Esenler Otogarı)に到着!バス会社を探すのが難しかった!

特に迷うことなく、オトガル直結のOtogar İstasyonu駅に到着しました。

 

 

事前にバスは予約していたので、バス会社の窓口でチケットを手に入れる必要があるのですが…広い!

 

広い!

 

広い!

 

広い!

 

イスタンブールのオトガルは地下鉄の駅をぐるっと一周囲むようにバスターミナルの建物が立っています。さらに無数のバス会社が入っているので、目的のバス会社がどこにあるのかわからず…。

近くにいる人に聞いてみると24番にあるよと言われて行ってみると、ありませんでした。さらに近くの人に聞いてみると57番らしいです。全然違う。笑

 

20分ほどさまよった結果、今回乗車するネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyaha)のカウンターは57番にありました。

 

予約番号を提示して無事に発券終了です。

出発まで駅近くのベンチで待ってました。Wi-Fiが繋がるのはありがたい!

 

22時15分:ネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyaha)のバスがイスタンブールのバスターミナルからカッパドキアに向けて出発!

21時45分に発券したカウンターに戻ってきました。

 

建物の奥に進むとバスが停車しています。

 

行き先と出発時間が書かれてるのでわかりやすい!

 

荷物を預けると引換券がもらえました。

 

 

ベンツ製のバスは新しくて綺麗!

 

座席の配置は1-2で、トイレはありません。

 

座席の間隔は広くて、足も組めるほどの余裕がありました。

一番後ろの席だったので、席が倒せなかったのは残念…。

 

座席ディスプレイではエンタメも楽しめます。

 

 

各座席にはUSBポートが備え付けられており、窓際の座席にはコンセントもありました。

 

座席の上には飲み物マークもあるので、係員を呼ぶこともできるみたいです。

読書灯を押してみると、ボタンが固すぎて押し込めないのは謎…。

 

バスは22時15分に出発しました!

15分ほどしてからチケットチェックがあり、ついでにWi-Fiのパスワードも教えてもらいました。写真のバックアップもできるほどの速度が出ていたので快適でした!

 

横の席が空いていたので足を伸ばしていると前の方のおっちゃんが横に座ってきて、いきなりお祈りを始めてびっくり!

最後に迷惑かけてごめんねと言っておっちゃんは席に戻っていきましたが、逆にいいもの見せてもらいました!

 

途中のバスターミナルからも人が乗ってきてほぼ満席になってからお菓子が配布されました。

が、すでに24時を過ぎてます…。

 

さらに25時にはチャイとコーヒーの配布も始まりましたが、照明を消して寝させてほしかったです。消灯になったのは25時15分頃でした。

 

さらにさらにその30分後には最初の休憩場所に到着して出発後に水の配布もありました。いいかげん寝させて…

 

07時40分:休憩場所に到着!トルコのサービスエリアを散策してみた!

サービスエリアに到着した振動で起きたのでサービスエリア(Koçhisar Dinlenme Tesisleri
)に入ってみました。

トイレ代として1.5リラ(約30円)かかります。

 

売り物の大半はお土産でした。

 

 

 

 

 

 

手際よく作られていたゴシュレメは9リラ(約270円)でした。

 

もちもちで美味しかったー!

 

停車から約20分後に出発しました。

その後も車窓からの景色を眺めながらバスは走り続けます。

 

 

 

 

09時50分:ギョレメのバスターミナルに到着!バスを乗り換えるはずが…?

イスタンブールを出発してから約11時間30分、カッパドキア近くのギョレメのバスターミナル(Kamil Koc)に到着しました!

 

ここで降ろされてカッパドキア行きのバスに乗り換えるはずでしたが、そのバスが見当たりません。時刻表を見る限りあと10分弱ありましたが、すでに出発してしまったとのこと。

 

ギョレメに残されたのは、日本人と中国人、韓国人の5人で、タクシーの運ちゃんがチャーターは100リラ(約2,000円)で、5人なら20リラ(約600円)でどうだと言い寄ってきました。

一度乗ってきたバスの乗務員に状況を説明してみると、このバスでカッパドキアまで送ってくれるとのこと!ありがとー!

 

10時20分:カッパドキアのバスターミナル(Göreme Otogarı)に到着!すでに街並みが面白い!

バスに乗り直して約20分でカッパドキアのバスターミナルに到着です!

 

一緒に乗ってきた日本人と近くのカフェでご飯を食べてホテルへと歩いて行きました。

 

ホテルへ向かう途中の街並みがすでにカッパドキア!!!

 

 

ホステルの子猫がすぐに懐いてキュン死寸前でした。

 

まとめ:ネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyahat)のバス会社は良かった!バスが新しくて12時間の乗車時間も苦にならなかった!

今回は、イスタンブールからカッパドキアまでネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyahat)のバスで移動してみた!についてお伝えしました!

 

イスタンブールからカッパドキアまでは12時間という乗車時間でしたが、バスの設備が良かったため思ったよりは辛くなかったです。

ただ、25時以降まで照明がついていたので寝られる時間が短かったのは改善してほしいですね。

 

カッパドキア観光の次はイズミルへと向かいました。

【19年7月】カッパドキアからイズミルまでネヴシェヒル・ セヤハット(Nevşehir Seyahat)の夜行バスに乗ってみた!【トルコ】
...

 

参考になれば幸いです!

 

ほなまた明日!

 

コメントはこちらから