世界一周にオススメの持ち物リスト!便利な必需品から不要品まで!【海外旅行の荷物】

持ち物

まいど!なにもにおです!

 

18年9月から始めた世界一周は約1年6ヶ月が経ち、訪問した国は54ヶ国になりました。

現在は日本に一時帰国しています。20年2月からは南米に行こうかと思っていましたが、コロナウイルスの影響でまともに旅を続けられる状況ではなくなったため、再出発を延期することに。

時間ができたので、いつか書きたいと思っていた世界一周の持ち物についてまとめました!

順番は、必須、オススメ、あると便利、なくてもいい、不要、で並んでいます。だいぶ長くなってしまったので、 目次から飛んでいってもらっても構いません。

それではどうぞ!

 

  1. 世界一周の持ち物を考える、その前に考えてほしいこと
  2. 重要度★★★★★(世界一周に必須の持ち物)
    1. 必須の持ち物:パスポート
    2. 必須の持ち物:現金
    3. 必須の持ち物:クレジットカード 2種類×2枚以上
    4. 必須の持ち物:財布×3個
    5. 必須の持ち物:海外保険
    6. 必須の持ち物:SIMフリースマホ×2台
  3. 重要度★★★★☆(世界一周にオススメの持ち物)
    1. オススメの持ち物:蚊がいなくなるスプレー
    2. オススメの持ち物:メインバッグ&バックカバー
    3. オススメの持ち物:サブバッグ
    4. オススメの持ち物:バックハンガー
    5. オススメの持ち物:スライダー付きジップロック
    6. オススメの持ち物:パックセーフ
    7. オススメの持ち物:南京錠×2個
    8. オススメの持ち物:変換プラグ+USBポート
    9. オススメの持ち物:モバイルバッテリー×2個
    10. オススメの持ち物:USB-B & Cケーブル×2本ずつ
    11. オススメの持ち物:イヤホン
    12. オススメの持ち物:サングラス
    13. オススメの持ち物:トレッキングシューズ
    14. オススメの持ち物:ウィンドブレーカー上下
    15. オススメの持ち物:ダウンジャケット
    16. オススメの持ち物:コンプレッションウェア上下×3枚
    17. オススメの持ち物:圧縮袋×5袋
    18. オススメの持ち物:常備薬
    19. オススメの持ち物:マルチビタミンのサプリメント
    20. オススメの持ち物:ポカリスエット粉末 1L×3袋
    21. オススメの持ち物:日焼け止め
    22. オススメの持ち物:ドライヤー
    23. オススメの持ち物:折りたたみ傘
    24. オススメの持ち物:目薬
    25. オススメの持ち物:爪切り
    26. オススメの持ち物:耳かき
    27. オススメの持ち物:体温計
    28. オススメの持ち物:電動歯ブラシ
    29. オススメの持ち物:トラベルシーツ
    30. オススメの持ち物:洗顔剤
    31. オススメの持ち物:トイレットペーパー✕1ロール
    32. オススメの持ち物:チャック付ポリ袋
    33. オススメの持ち物:お箸&スプーン
  4. 重要度★★★☆☆(世界一周にあると便利な持ち物)
    1. あると便利な持ち物:国外運転免許証
    2. あると便利な持ち物:戸籍謄本または戸籍抄本
    3. あると便利な持ち物:サンダル(似非クロックス)
    4. あると便利な持ち物:衣類
    5. あると便利な持ち物:水着×1着
    6. あると便利な持ち物:バスタオル×1枚
    7. あると便利な持ち物:無線キーボード
    8. あると便利な持ち物:クリアファイル✕2枚
    9. あると便利な持ち物:虫よけスプレー
    10. あると便利な持ち物:洗濯ネット
    11. あると便利な持ち物:洗濯ロープ
    12. あると便利な持ち物:折りたたみハンガー×5個
    13. あると便利な持ち物:S字フック
    14. あると便利な持ち物:ペン
    15. あると便利な持ち物:十徳ナイフ
    16. あると便利な持ち物:ビニール袋
    17. あると便利な持ち物:ウェットティッシュ
    18. あると便利な持ち物:扇子
    19. あると便利な持ち物:カメラ(ミラーレス)
    20. あると便利な持ち物:microSDカード
    21. あると便利な持ち物:SIMピン
    22. あると便利な持ち物:折りたたみコップ
    23. あると便利な持ち物:電卓
    24. あると便利な持ち物:折りたたみスリッパ
    25. あると便利な持ち物:アイマスク
    26. なくてもいい持ち物:調味料
  5. 重要度★★☆☆☆(世界一周になくてもいい持ち物)
    1. なくてもいい持ち物:パソコン
    2. なくてもいい持ち物:外付けHDD
    3. なくてもいい持ち物:ドローン
    4. なくてもいい持ち物:シャンプー&コンディショナー
    5. なくてもいい持ち物:洗顔用具ケース
    6. なくてもいい持ち物:携帯ウォシュレット
    7. なくてもいい持ち物:メモ帳
    8. なくてもいい持ち物:双眼鏡
    9. なくてもいい持ち物:証明写真
    10. なくてもいい持ち物:裁縫用具
  6. 重要度★☆☆☆☆(世界一周に不要な持ち物)
    1. 不要な持ち物:スクラババッグ
    2. 不要な持ち物:洗濯用バケツ
    3. 不要な持ち物:変圧器
    4. 不要な持ち物:蚊帳
    5. 不要な持ち物:折りたたみ椅子
    6. 不要な持ち物:レジャーシート
    7. 不要な持ち物:カッパ(ポンチョ)
    8. 不要な持ち物:5本指靴下
    9. 不要な持ち物:電子辞書
  7. まとめ:世界一周にオススメの便利な持ち物リストを全部紹介してみた!自分に必要な荷物を選んで!
スポンサーリンク

世界一周の持ち物を考える、その前に考えてほしいこと

世界一周の持ち物を考える前に、自分の旅のスタイルを考えましょう。

一言で世界一周と言っても十人十色で、旅のやり方、目的がそれぞれ違います。

  • 宿泊先はホテル?ドミトリー?安宿?テント?
  • 外食メイン?自炊の頻度は?
  • 訪問する予定の国の気候は?
  • 世界一周の期間は?無帰国?
  • 興味があるのは観光地?街歩き?アクティビティ? etc…

 

私の場合は、

  • 宿はドミトリーかAirbnbが中心
  • 自炊はせず、外食で済ませる
  • 寒いのが苦手なので、暖かい時期を狙っていく
  • 1年半を予定、冠婚葬祭のため3ヶ月前後ごとで帰国
  • 観光中心、街歩きが好き

 

旅のスタイルに合わせて自分にあった持ち物を選んで持っていくことが大事です!

 

 

重要度★★★★★(世界一周に必須の持ち物)

これなしでは旅行を続けられない持ち物です。なくさないようにしっかりと管理しましょう!

 

必須の持ち物:パスポート

これがなければ始まりません。

入国の条件を有効期限が半年以上、3ページ以上の空白のページがあることにしている国が多いので確認しておきましょう。パスポートの期限が短い場合は、各都道府県のパスポートセンターに問い合わせてみてください。

損傷や汚れないようにご注意ください。パスポートが汚れたり、破れ過ぎていると入国拒否&強制帰国させられる可能性もあります。

忘れずにパスポートの写真も撮っておきましょう。国境をまたぐバスなどではチケットの購入時にパスポートの提示を求められることがあり、スマホでパスポートの写真を見せればOKな場所も多いので、なにかと役に立ちます。パスポートをコピーしておくのもオススメです。100均で購入したラミネートフィルムでカバーするとより長持ちします。

 

必須の持ち物:現金

世界の共通通貨は米ドルです。

日本円でも両替できますがレートが悪い、あるいは両替できないことが多いので、米ドルか少なくともユーロを持ち歩くのがオススメです。

特にビザが必要な国が多いアフリカ諸国ではビザ代は米ドルの現金払いのみです。

訪問する国や滞在期間によりますが、少なくとも500米ドル以上は必要だと思います。自国通貨が不安定であるアフリカの国々では米ドルのレートが非常に良いです。緊急で両替する必要がある場合や田舎だと、高額紙幣で支払うとお釣りがないこともあるので、20ドル札などの少額紙幣があると便利です。ただし、50ドルや100ドル紙幣などの高額紙幣に比べて20ドル以下の紙幣ではレートが悪くなる場合もあるのでご注意を。

防犯のため一箇所にまとめずにかばんの中に分散させることを忘れずに。

 

現地通貨はセディナカードでATMから海外キャッシング+繰り上げ返済が一番手数料が抑えられますが、ただし、ATMからうまく下ろせないこともあります。

 

最終手段は銀行で両替することですが、手数料が高いです。

 

必須の持ち物:クレジットカード 2種類×2枚以上

最大手のVISAカードとMasterCardの2種類をそれぞれ2枚以上準備しましょう。

 

現金でしか払えないお店がある一方、ヨーロッパではカード払いのみのお店もあります。

 

支払いは基本カード払いにして、持ち歩く現地通貨は極力減らしています。強盗などに襲われた時の被害を最小限に抑えるためです。JCBは日本人がなかなか行かない場所で使えないところも多いので、最大手のVISAとMasterCardの2種類を複数枚持っていきましょう。

 

現地通貨はクレジットカードの海外キャッシングでATMから調達していますが、まれにATMにカードを吸い込まれることがあるのでご注意ください。

 

いつも現金の確保に使っているセディナカードがATMに吸い込まれた時、他のカードに海外キャッシング枠がついておらず、だいぶ焦りました。持っていくクレジットカードに海外キャッシングの枠もついているか確認しておきましょう。

いくつもの国でクレジットカードを使っていると、たまに不正利用の疑いをかけられて決済がうまくいかないことがあります。対策として事前に各クレジットカード会社に連絡しておくとスムーズに決済できるはずです。

退職すると社会的信用がなくなるので、退職前にクレジットカードを作ってキャッシング枠も設定しておくことを強くオススメします!(実体験)

 

必須の持ち物:財布×3個

財布は3種類使い分けてます。

 

1つ目は強盗に渡す用の財布です。

現地通貨を1〜2日分だけ入れた強盗に渡すようの財布を準備しておきます。ただし、防犯に気をつけていても襲われる時は襲われてしまうので、その時は潔く諦めて渡しましょう。間違っても抵抗してはいけません。命が第一です。

 

2つ目は日常用の財布です。

現地通貨の残りとクレジットカードなどを使い慣れた財布に入れて、かばんにしまいます。少々めんどくさいですが、クレジットカードはこの財布から毎回出し入れします。防犯のためなので仕方ありません。

 

3つ目の財布は緊急用の財布です。財布とは思われないものを使っています。

おにぎりの入れ物は大きさもちょうどよく、チャックも付いてるので意外と便利!

中にはパスポートや最終手段の現金(ドルや円)などを入れて、カバンの奥底などの一番バレにくい場所に隠しておきます。現金は一箇所に固めずに、分散してリスクを最小限に抑えましょう!

 

必須の持ち物:海外保険

海外保険なしで世界一周に行くべきではありません

世界一周に行くなら保険は必須です。万が一海外で医療を受ける場合、費用は非常に高額になるため、支払い能力がないとみなされると治療を受けられません。クレジットカードに付帯している保険でもまかなえますが、3ヶ月以上帰国しないのであれば民間の保険会社に入りましょう。

 

保険会社の事故データによると、18年には1000万円以上の支払いが11件あったとのこと。

トラブルデータ|ジェイアイ傷害火災
ジェイアイ傷害火災保険株式会社のトラブル...

 

「死亡保険金」よりも「治療・救援費用」「携行品損害」を重視したプランに加入してください。

ジェイアイ傷害火災保険 トラブルデータより

保険の支払い項目は様々ありますが、特に重要なのは太字の項目です。

  • 傷害治療費用
  • 疾病治療費用
  • 傷害死亡
  • 傷害後遺障害
  • 疾病死亡
  • 賠償責任
  • 携行品損害
  • 救援者費用
  • 入院一時金
  • 航空機寄託手荷物遅延費用
  • 航空機遅延費用
  • 旅行変更費用
  • 偶然事故対応費用

 

海外保険料が高いので保険に入らずに世界一周している人に会ったことがありますが、無謀です。今まで運良く事故や病気にあわなかっただけです。海外保険料が払えないのであれば、世界一周に行くべきではありません。

 

再三繰り返しますが、海外保険なしで世界一周に行ってはいけません!

 

必須の持ち物:SIMフリースマホ×2台

調べ物、地図、連絡、予約、ブログなどはすべてスマホで済ませています。

もはやスマホなしでの世界一周は想像できず、命綱と言っても過言ではありません。わざわざ新しくスマホを買い換える必要はありませんが、SIMフリーか確認するのは忘れずに。

 

スマホの盗難や落として使えなくなることも多いので、2台目をあると安心です。ネットが繋がらない時に備えて、適宜次に行く街の地図をダウンロードしておきましょう。

ネパールの山頂でスマホを落として画面がバキバキに割れた時は焦りました…。

【19年5月】ガイド&ポーターなしプルーンヒル(ヒマラヤ)トレッキング3泊4日!初心者向けでヒマラヤ山脈からの朝日が楽しめる!【ネパール】
まいど!なにもにおです!ネパールでやりたいことの一つはヒマラヤ山脈を眺めながらのトレッキング!ということで、今回、初心者向けのアンナプルナを眺められるプーンヒルトレッキングに行ってきました!このプーンヒルトレッキングは3泊4日と比較的短く、3,000m級の山がピークなので高山病にもなりにくく、道中には多くのレストランや宿泊所があるので初心者コースとしても有名です!ゴールデンウィ...

 

サブスマホがあったのでなんとか乗り切れました。

その後、割れたスマホはインドにある正規店で修理し、楽天カードの携行品損害を請求してみました!

【19年11月更新】海外でスマホを破損!クレジットカードの携行品損害(携行品補償)を申請してみた!【楽天プレミアムカード】
海外でスマホを落として画面がバキバキに割れて動作不良になったので、クレジットカードに付帯の携行品補償を海外から実際に申請してみました! 保険会社への電話から入金の連絡までのやり方と手順を紹介しています!

 

何が起こるかわからないので、保険としてスマホは2台持っていくことをオススメします!

 

 

重要度★★★★☆(世界一周にオススメの持ち物)

海外ではほとんど見かけない、あるいは手に入らないもので日本で事前に買っておくのがオススメのリストです。

ないと不便なものが多いので、予備を持っていくものもあります。

 

オススメの持ち物:蚊がいなくなるスプレー

10分ほどで飛び回る蚊がいなくなるほど強力で、目の前に蚊が落ちてくるほど。全旅行者にオススメです!

海外で類似品は見かけたことがないので是非とも日本から持っていきましょう。1プッシュで24時間有効です。小さいのに使える回数が多いのも嬉しいポイント!蚊はマラリアなどの伝染病の感染源なので、極力刺されないように工夫してくださいね!

ほんとに画期的な発明だと思います。開発者さん、ありがとう!

 

オススメの持ち物:メインバッグ&バックカバー

どのメーカーのバックパックでもいいと思いますが、重さが分散されて疲れにくい腰ベルト付きのバックパックを選びましょう。私は大学時代にヒッチハイクで日本一周した際に購入した、モンベルのゼロポイントという70Lのバックパックを使っています(写真右側)。

バックパックのサイズは持ち物の量にもよりますが、大は小を兼ねるので迷ったら大きめのサイズを購入した方がいいと思います。全部入れるとメインバッグは13kgぐらいの重さになります。

 

バックパックには防水性がなく、砂ぼこりで汚れることも多いのでバックパックカバーも必要です。

【19年12月】ルワンダのキガリからタンザニアのカハマまでトリニティ(Trinity)社のバスで移動してみた!今までで一番ひどいバス移動!【タンザニア】
まいど!なにもにおです! ルワンダの首都キガリからタンザニアのカハマに移動しました。今までの中で一番ひどく、疲れたバス移動になりました。正直、このルートは2度と通りたくないです。。。 今回乗車したのは、ルワンダのキガリを朝03時00分発、タンザニアのカハマに17時45分着のトリニティ(Trinity)社のバスです。 12時00分:ニャブゴゴバスターミナルでトリ...

 

オススメの持ち物:サブバッグ

程よい大きさで使いやすく、気に入っているカバンならなんでもいいと思います。世界一周のために新しくカバンは買わず、社会人時代に使っていたNIXONのリュックを使ってます。

気に入ってる点はリュックの下部にもチャックがありますが、目視検査で今まで1度も開けられたことがないので、貴重品を隠すには絶好の場所です。

 

オススメの持ち物:バックハンガー

お気に入りの製品の1つです。カバンを引っ掛けるシンプルなバッグハンガーで、耐荷重は15kgとメインバッグでも使える頑丈さ!

世界一周中、荷物を置く場所で困る場面が多々あります。盗難防止のため、座る時はClipa2でリュックを足の間に挟むように吊るしてます。

以下記事にもまとめていますので、参考にしてみて下さい!

【海外旅行の持ち物】小さな力持ち!バッグハンガーのClipa2は海外旅行との相性抜群!普段使いにもオススメ!
まいど!なにもにおです! レストランやトイレで荷物の置き場に困ったことはありませんか?荷物を地面に置きたくないけど場所がない。特に海外では席に荷物を置いておくと、盗難のリスクも高いです。 そんな時に役立つバッグハンガー「Clipa2」を紹介します!使い勝手がよいので普段使いでも旅行でもオススメです! バッグハンガー「Clipa2」をオススメする理由は耐荷重がダ...

 

オススメの持ち物:スライダー付きジップロック

荷物整理はジップロックがオススメです。

安くて手に入れやすく、耐久性もあるので多少荒く扱っても大丈夫です。毎回チャックを指で閉じるのは大変なので、スライダー付きを買いましょう。

特に空港の保安検査では機内持ち込み荷物の電子機器を出すように言われるので、電子機器類をジップロックに入れておくとスムーズに出せますし、透明で中身も確認しやすく、ササッと通過しやすくなります。

圧縮袋よりは耐久性が弱いので、破れた場合に備えて予備もいくつかあると安心です。

 

オススメの持ち物:パックセーフ

バックパックをチェーンで覆ってくくりつける防犯グッズです。

重さは500g程度と少々重いですが、不特定多数の人が出入りするホステルではメインバックにパックセーフを巻き付けた方が心理的にも安心できますし、盗った盗られたのトラブルに巻き込まれにくくなります。盗難被害を避けるためにも最安値のホステルを選ばないのも対策として必要ですが、盗られた場合は証拠がないことがほとんどなので泣き寝入りすることになります。

特にアフリカでは強盗対策として貴重品が入ったサブバッグもドミトリーに置いていたので、メインバッグと一緒にパックセーフで縛り付けてました。

ホステル泊が多い人には特にオススメですよ!

 

オススメの持ち物:南京錠×2個

ダイヤル式の南京錠も日本から持っていきましょう。

ロッカーに自前の南京錠を付けることを前提にしているホステルも多いので1つは持っていきましょう。

パックセーフ用と、サブバッグ用に2個持っています。サブバッグの見えやすい位置に南京錠を付けることで防犯意識が高いアピールができてるはずです。効果があるかは不明ですが…。

海外では入る前にカバンを預ける必要があるスーパーもあるので、その時も南京錠でロックしてから預けてます。

 

防犯性をより高めたい場合は、4ケタの南京錠がオススメです!

100均の南京錠は鍵自体が壊れて開かなくなった話も聞くので、オススメしません。

 

オススメの持ち物:変換プラグ+USBポート

180カ国以上で使用できるアダプターで、USBポートが4個ついているので、これ一つで充電が一気にできます。

夜行列車での移動などのコンセントの数が非常に限られている場合では、他の人とUSBポートを共有できるので非常に役立ちますよ!

海外 変換プラグ 150ヶ国家対応 ACアダプター2000W/8A 4つUSB 5.6A TYPE-C スマホ充電器 海外旅行 変換プラグ 海外 コンセント 海外旅行用マルチプラグ 海外用変換プラグ 変換器 海外 コンセント 変換 マルチ変換プラグ 変圧器 海外旅行用 コンセント 海外 マルチ電源プラグ 旅行充電器 bf 変換プラグ 旅行便利グッズ
Evershop

 

USBポートが不要であれば、サスケが有名です。

 

南アフリカ周辺ではさらに独自規格のアダプターが必要になるので、スーパーで買いました。1個150円前後とお安めです。

 

オススメの持ち物:モバイルバッテリー×2個

スマホの電池がなくなれば元も子もありませんので、モバイルバッテリーは持っていきましょう。

停電でスマホの充電ができないことも多々あるので、予備も兼ねて2つ持っていってます。

8年近くAnker製のモバイルバッテリーを愛用しています。

Anker PowerCore Fusion 5000

コンセント付きのモバイルバッテリーで、スマホの充電が終わり次第、本体バッテリーの充電を開始してくれる優れもの!モバイルバッテリーの充電を忘れていた…ということがなくなります。

 

Anker PowerCore II 10000

重さは195gとスマホとほぼ同じ重さで、2回以上満充電できる容量があるので2日分は使える安心感があります!

 

一回り小さいReduxもオススメです!

 

オススメの持ち物:USB-B & Cケーブル×2本ずつ

充電ケーブルはUSB-BとUSB-Cケーブルの2種類を2本ずつ持っていってます。

耐久性に優れたケーブルを選びましょう。雑に扱うことが増えるので、普通のケーブルでは断線する可能性が高いです。2本ずつ購入しているのは、1本は持ち歩き用、もう1本は部屋での充電用のためです。紛失した時のバックアップも兼ねています。

USB-BとUSB-Cは色違いにすることをオススメします。両方ともグレーを買ってしまったので、ひと目でどっちのケーブルなのかがわからないので、毎回小さなストレス。。。

充電ケーブルもAnker製がオススメです。

 

オススメの持ち物:イヤホン

ノイズキャンセリング機能が搭載されたイヤホンです。これなしでは飛行機に乗りたくないほど愛用しています!

飛行機移動や、カフェで集中して作業したい時、夜行バスで他の人いびきがうるさい時などに活躍します。ノイズキャンセリングは体感的には雑音の約7〜8割がカットされるイメージです。雑音がカットされる分、音量を上げなくても綺麗に聞こえますし、音質も非常に綺麗です。

iPhone用とAndroid用の2種類があります。異なる組み合わせではノイズキャンセリング機能やイヤホンとしては同様に使えますが、イヤホンでの操作ができません。

AirPods Proなどの無線イヤホンもありますが、飛行機移動や長距離バスでは10時間以上かかることもあるので、16時間使えるこのイヤホンをオススメします。

 

オススメの持ち物:サングラス

海外では日差しが強く、サングラスは必須です。意外とかさばるので折りたたみ式のサングラスがコンパクトになってオススメです。

使っているサングラスは、関空にあるIZONE NEW YORKというお店で購入した折りたたみ式のサングラスです。

 

オススメの持ち物:トレッキングシューズ

MERRELL(メリル)のトレッキングシューズを履いています。

観光や移動などで平均で2万歩/日、多い日には4万歩近く歩くこともあるので、足の負担を考えるとトレッキングシューズが最適です。

スニーカーよりも足への負担が少なく感じるので、毎日履く靴はケチらずに、お金をかけて良いものを選ぶことをオススメします!

 

オススメの持ち物:ウィンドブレーカー上下

アークテリクスのBETA SL JACKETを使ってます。

デザインがかっこいいので着るだけで様になりますし、防水機能も充実しており、止水チャック付きで小雨なら傘を使わないことがあるほど。お気に入りの持ち物の1つです!

値段は高いですが、アウターはお金をかけるべきポイントだと思います。世界一周終了後も普段着として使えるのでオススメです!

 

オススメの持ち物:ダウンジャケット

ユニクロのウルトラライトダウンジャケットを使ってます。

軽くてコンパクトなのに暖かいので重宝しています。バスや電車などの冷房がガンガンに効いて寒いぐらいの場合があるので、熱帯の国々でもかばんに入れておくと便利です。ただ、羽毛が抜けやすく、羽毛が他の服について目立ちやすいのが難点です。

 

オススメの持ち物:コンプレッションウェア上下×3枚

聞き慣れないと思いますが、野球選手が下に来ているピッチリとした服です。

元々はスポーツ用ですが海外旅行にもピッタリです。

  • 日焼けしない
  • 日焼け止めの消費が少なくなる
  • 蚊に刺されにくい
  • 疲れにくい
  • 汗がふける
  • 洗いやすい

などのメリットがあるので、世界一周に全力でオススメです!別記事にもまとめてあるので、見てみてください!

海外旅行の服装の新常識!?コンプレッションウェアが大活躍する7つの理由を解説!
まいど!なにもにおです。皆さん、コンプレッションウェアってご存知ですか?よく野球選手がユニフォームの下に来ているあのピチッとした服のことです。 本来、コンプレッションウェアはスポーツ用ですが、特に海外旅行にコンプレッションウェアが大活躍します!今まで聞いたことがなかった人もこの記事を読めば、今度の海外旅行にコンプレッションウェアを持っていきたくなること間違いありません!海外旅行にコンプ...

 

オススメの持ち物:圧縮袋×5袋

荷物の半分は衣類で占められるので、圧縮袋で体積を減らしましょう。圧縮袋はスライダーがないと毎回の開け閉めが面倒くさいです。日常用、冬用、洗濯物、その他、予備の5つに分けて使っており、1年以上壊れずに使えています。

 

1年以上使っても壊れずに使えているので耐久性は高いですが、寝袋を圧縮するのに使われる圧縮バッグもオススメです!

 

オススメの持ち物:常備薬

常備薬はぜひ日本から持って行きましょう。

現地調達も可能ですが、症状が出てから薬を買いに行くのはしんどすぎますし、効用などがわかりにくい海外の薬を使うよりは、使い慣れた日本の薬の方が心理的にも安心できます。

私が持っている薬は以下です。

  • 痛み止め:ロキソニン
  • 風邪薬:コデジール
  • 胃薬:太田胃散
  • 栄養剤:ユンケル粉末
  • 消毒液:イソジン
  • うがい薬:イソジン

幸い病気にもならず、薬はほぼ使っていませんが、万が一の時のためにも持っていきましょう。

 

オススメの持ち物:マルチビタミンのサプリメント

毎日のようにサプリメントを飲んでました。

海外での食事は揚げ物や脂っこい食べ物が多くなり、野菜が不足しがちです。特に腹痛の原因になりがちな生野菜は避けたり、そもそも野菜がついてなかったりと栄養バランスが崩れやすいので、毎日マルチビタミンのサプリメントで栄養補給してました。2袋分を一袋にまとめて持っていってます。

店頭では60日分しか見つからなかったですが、Amazonには90日分が見つかりました。

 

オススメの持ち物:ポカリスエット粉末 1L×3袋

体調が悪くて食欲がない時でも水分は補給しないといけないので、ミネラルウォーターさえあれば、溶かすだけでポカリが作れるので粉末のポカリがあると重宝します。

万が一の時に備えて持っていきましょう。

 

オススメの持ち物:日焼け止め

日差しが強烈な場所が多いので、日焼け止めはしっかり使いましょう。

コンプレッションウェアを着ているおかげで手と首周りのみだけ塗ればいいので消費もそれほど早くありません。

現地調達も可能ですが、日本製の方がベタつかず効果も高いと思います。空港で没収されないように機内持ち込みができる100ml以下のサイズがオススメです。

 

 

オススメの持ち物:ドライヤー

ドライヤーは安宿にない場合や壊れて使えないこともあるので持っていると安心です。単に髪を乾かすだけではなく、雨で靴がずぶ濡れになった場合や、服が完全に乾ききっていない場合に活躍してくれます。

購入したコイズミのドライヤーは小さいながらも風量もあるのでオススメです。送風口にあるカバーをはずせばさらにコンパクトに!

 

海外対応で後ろには各国の電圧に合わせて調整できるスイッチがあります。

 

オススメの持ち物:折りたたみ傘

トレッキング用の折りたたみ傘は軽量で、常にカバンに入れていても邪魔にならない大きさです。

傘を広げると直径88cmになります。さらに軽いモデルもありますが、耐久性も考えるとこのモデルになりました。

 

吸水機能付きの傘入れもあると便利です。時々干すことも忘れずに。

 

オススメの持ち物:目薬

世界一周では調べ物が多くて長時間スマホを使ったり目を酷使することが多いので、目をいたわるためにも毎日使っています。朝と夜の2回/日使って約40日前後使えます。

 

オススメの持ち物:爪切り

日本製の爪切りは切れ味が違うので、日本から持っていきましょう。

 

オススメの持ち物:耳かき

海外で売っているのをあまり見かけないので、日本で買っていくことをオススメします。

 

オススメの持ち物:体温計

ありがたいことに今まで使ったことはありませんが、万が一体調を崩した時のために必要です。

 

オススメの持ち物:電動歯ブラシ

虫歯を海外で治療した場合、海外保険の適用外となるため高額の治療費がかかります!歯は大事にして下さい!

電動歯ブラシのポケットドルツを持っていってます。海外でも手に入れやすい単4電池(AAA Battery)で駆動して、小さいので夜行バスや夜間フライトなどの前にササッと磨けるので重宝します。

 

オススメの持ち物:トラベルシーツ

安宿では南京虫がいることもあるので、防虫成分を織り込んだコクーンのトラベルシーツがあると安心できます。値段は少し高いですが、南京虫や蚊に悩まされることが減るので是非購入をオススメします!

保温性も高いので少し肌寒い時や、宿のシーツがあまりキレイではない時にも使えます。枕を包んで固定できるので寝返りでシーツがずれる心配はありません。軽量でコンパクトになるのもポイントです。

コクーンには防虫成分が含まれていない普通のシーツもあるので、「インセクトシールド」と書かれているか確認してから購入してください。

 

オススメの持ち物:洗顔剤

海外ではシャンプーとコンディショナーはよく見かけますが、洗顔剤がほとんど見つからないので、日本から持っていきます。

なぜ海外で見つからないのかは未だに謎です。みんなどうしているんでしょう???

 

オススメの持ち物:トイレットペーパー✕1ロール

日本製のトイレットペーパーは柔らかさが断然違います。

 

現地でも買えますが海外のトイレでは紙が設置されていない場所も多いので、使う分を5〜6セット作ってジップロックに入れて常に持ち歩いています。ティッシュ代わりとしても使えます。

 

オススメの持ち物:チャック付ポリ袋

各国の残った現金の保管&管理に使います。

その他の入場券やSIMカード、交通ICカードなども一緒に入れて保管します。後からコインを国別に分けようとすると途方も無い労力がかかるので、出国する度に小分けするのがオススメです!

 

100均で売っているものでも十分です。

 

オススメの持ち物:お箸&スプーン

衛生面に不安がありそうな東南アジア周辺のために買いましたが、外食が高くてスーパーの惣菜をよく買っていヨーロッパでよく使ってました。

100均でも買えます。

 

 

重要度★★★☆☆(世界一周にあると便利な持ち物)

世界一周にあると便利だけど、なくてもなんとかなる持ち物のリストです。

現地調達できるものもあります。

 

あると便利な持ち物:国外運転免許証

公共交通機関が乏しい地域や、時間を気にせずに旅行がしてみたくなった時にレンタカーやレンタルバイクは便利なので、持っていて損はありません。

国外運転免許証は身分証明書としても使えます。

日本人は若く見られがちで、28歳の私ですらお酒を買う時に身分証明書の提示が必要な時もあります。通常の運転免許証は生年月日が和暦で書かれており、毎回パスポートを提示するはめになります。

海外は路面が悪く交通マナーが守られていないような国もあるので、注意して運転してくださいね!

 

あると便利な持ち物:戸籍謄本または戸籍抄本

パスポートを紛失した際に戸籍謄本か戸籍抄本があると、現地の日本大使館での再発行の手続きがスムーズに進むとのことですが、使う機会がないことを祈ります。。。

 

あると便利な持ち物:サンダル(似非クロックス)

宿で過ごす時や、近くに買い物に出かける時に使います。ホステルのシャワールームが汚い場合は、履いたままシャワーを浴びることもあります。ビーチサンダルよりも履き心地がいいので、かさばりますがクロックスタイプのサンダルがお気に入りです。

 

あると便利な持ち物:衣類

衣類はほとんどユニクロで調達しました。

安くて品質のいいのが多く、世界中の大都市にも出店しているので買い直しやすいのもメリットです。

使っている種類と枚数は以下。

  • Tシャツ×3枚
  • 長ズボン×2本
  • パンツ×3枚
  • 靴下×3足
  • パジャマ用のTシャツ×1着
  • パジャマ用の半ズボン×1着
  • パジャマ用のスウェット×1セット:ユニクロ
  • タオル×2枚

基本的には来た衣類を夜に洗濯しますが、夜行バスなどの移動で洗えない時があるので3枚で回しています。

 

あると便利な持ち物:水着×1着

海やプール、お風呂などで使う機会があるので、あると活躍します。

フィンランドではサウナの後にバルト海に飛び込んだり、

フェリーのサウナでも、

死海で浮いてきた時にも使いました!

パジャマの半ズボンの洗濯中には、代わりに水着を履いたりもします。

 

あると便利な持ち物:バスタオル×1枚

厚手のバスタオルではなく、速乾性のあるセームタオルがオススメです。

吸水性がよく、絞ると一晩で乾くので、生乾きのまま持ち運ぶことが減ります。

手洗いした後にこのバスタオルで包んで絞ると大半の水気が取れるので、半日でだいたい乾きます。

バスタオルとしてだけでなく、他にも色々な用途に使えます。

  • ブランケット
  • 丸めてクッション
  • ドミトリーでの目隠し

 

 

あると便利な持ち物:無線キーボード

パソコンを持っていっていないので、ブログの更新に無線キーボードを購入しました。

折りたためば結構コンパクト。

日本語配列でキーピッチも19mmあるので快適に使えます。

スマホスタンドとして使える専用ケースがついてますが、重いので外してます。

 

愛用してましたが、イタリアで無線キーボードを紛失してしまったので買い直しました。

 

スマホでブログ記事を書くのにはキーボードがあると便利です。以下の条件を満たす無線キーボードを探した結果、MOBOキーボードを購入することにしました。

  • 日本語JIS配列
  • 折りたたみ式

他の製品に比べて少し値段が高いですが、パソコンのキーボードとほぼ変わらないので、スマホでブログを更新しようと思っている方にオススメです!

 

あると便利な持ち物:クリアファイル✕2枚

なにかと増える書類やチケット類の保管用に便利です。

100均でも買えます。

 

 

あると便利な持ち物:虫よけスプレー

蚊が多い場所に行く際には虫よけスプレーも使います。極力コンプレッションウェアなどで肌の露出を避けていますが、刺される時は刺されてしまうので、虫よけスプレーがあると便利です。

現地調達もできますが、アフリカではあまり見かけなかった気がします。

 

あると便利な持ち物:洗濯ネット

ホステルで洗濯をお願いすると入れていたポリ袋が帰ってこないことが多いですが、洗濯ネットなら100%返してくれます。ひと目でどれが洗濯物か分かりやすいのもポイント。使っているのは60cm×60cmの洗濯ネットですが大きすぎるので、30cm×40cmでも十分だと思います。

100均でも買えます。

 

あると便利な持ち物:洗濯ロープ

穴付きの洗濯ロープはハンガーがずれないので乾きやすく、オススメです。

干す場所があるホステルでも場所が余ってないこともあるのであると便利です。

 

100均でも買えます。

 

あると便利な持ち物:折りたたみハンガー×5個

折りたたむとコンパクトになるハンガーです。5個あれば1日分の服装を干せるので、洗濯ロープや、ドミトリーの階段、窓枠、上段のベッドの枠にかけて使ってます。

 

あると便利な持ち物:S字フック

軽くてかさばらないので邪魔になりませんし、汎用性が高く、アイデア次第で使えます。

100均でも買えます。

 

 

あると便利な持ち物:ペン

入国カードの記入などで使います。海外製よりは日本製の書き心地は素晴らしいです。

 

あると便利な持ち物:十徳ナイフ

亡きおばあちゃんが10年以上前にお土産として購入してくれた十徳ナイフです。

正直なところ、使っているのはハサミ、毛抜、ナイフぐらいなので、十徳ナイフでなくてもいいかもしれませんが、折りたたみ式のナイフは空港や町の保安検査で引っかかって没収される可能性があるので、X線で分かりにくい十得ナイフの方がいいかもしれません。

間違っても強盗に襲われた時にナイフで抵抗しないでください。お金や貴重品よりも命が一番大切です。

 

あると便利な持ち物:ビニール袋

ゴミ袋がないことも多いので、ビニール袋は汎用性が高くて便利です。

海外のスーパーでももらえますが破れやすいものが多いので、日本から何枚か持って行くと使いやすいです。

100均でも買えます。

 

あると便利な持ち物:ウェットティッシュ

不衛生なレストランで食器などを拭いて消毒する際に使ってます。海外ではあまり見かけませんでした。

100均でも買えます。

 

あると便利な持ち物:扇子

インドなどの暑い国で役立ちました。

割り込みを防ぐために前の人との間隔を開けずに並び続けることもあるので、直射日光を防いだりと扇子で助かる場面が多いです。日本らしい柄の扇子を選べば話のネタにもなるかもしれません。

100均でも買えます。

 

あると便利な持ち物:カメラ(ミラーレス)

ミラーレス(APS-C)+18-185mmのレンズを使ってます。

風景やスナップ写真はスマホで済ませることが増えてきましたが、拡大した時や、ズームでの撮影のクオリティは雲泥の差があります。

ただ、以下のデメリットもあります。

  • かさばる&重い
  • 治安が良くない場所では使えない(出すと危ない)
  • カメラを持っていく&取り出すのがめんどくさくなる時がある
  • クリーニング用品などが必要

スマホのカメラ性能も高くなってきたので、必須…とまでは行かないですが、一生に一度しか行かない場所も多いと思うので、きれいな写真を残したいと思うのであれば、持っていく価値はあると思います。

SDカードやクリーニング用品も必要になるので、持っていきましょう。

 

あると便利な持ち物:microSDカード

ミラーレスのメディアはmicroSDカード+SDカードアダプターを使っています。SDカードの方がいいかもしれませんが、AmazonPhotoとGooglePhotoアプリで写真のバックアップをするためです。

  1. ミラーレスで撮った写真はRAW+JPEGで保存
  2. microSDカードをスマホに挿入
  3. AmazonPhotoとGooglePhotoアプリでJPEGをバックアップ
  4. JPEGを削除して、RAWファイルのみ保存

本当はAmazonPhotoとGooglePhotoにRAWファイルもアップロードしたいのですが、なぜかスマホからではできません。紛失や盗難に備えてJPEGだけをバックアップしています。

割高ではありますが、HDDを買うよりも軽くてかさばらないのもメリットです。

 

あると便利な持ち物:SIMピン

スマホに付属していたSIM品を使ってます。

SIMカードの入れ替えだけでなく、ミラーレスカメラで撮った写真のデータが入ったmicroSDカードをサブスマホに入れ替えて、Amazon Photo や Google Photoにバックアップするためにも使ってます。小さくてかさばらないので持っていても邪魔になりません。

 

あると便利な持ち物:折りたたみコップ

夜行移動の前などで歯を磨く際に、大きな荷物を抱えながら口をゆすぐのが大変なので、折りたたみのコップがあると便利です。

100均の折りたたみコップで十分です。

 

あると便利な持ち物:電卓

100均で買った小さな電卓を持っていっています。

英語が全く通じないお店やレストランで料金を聞く際に使います。スマホの電卓機能でも代用はできますが、そのままスマホを相手に渡すのはリスクがあるので、小さな電卓があると安心です。

 

あると便利な持ち物:折りたたみスリッパ

長距離バスや飛行機移動などでは足が蒸れるので、靴を脱いでスリッパに履き替えてます。折りたたみのスリッパがあるとかさばらず便利です。

 

あると便利な持ち物:アイマスク

夜行バスやドミトリーなどでは明かりで睡眠を妨害されることもあるので、アイマスクがあると便利です。

ただし、当然周りの様子がわからなくなり、寝ていることが明らかなので、治安が良くない場所で使う場合は注意が必要です。治安が良くない場所ではアイマスクの代わりにサングラスをかけて寝ることもあります。

上で紹介した折りたたみスリッパの袋に入れて使ってます。

 

なくてもいい持ち物:調味料

ヨーロッパなどの海外では日本食、特にSUSHIの人気が高まっているので、醤油、味噌などが売られています。出汁の粉末や緑茶、インスタント味噌汁などはあまり見かけないので、日本から持っていきましょう。精神的に疲れた時に食べ慣れた味は心に余裕をもたらします。

 

 

重要度★★☆☆☆(世界一周になくてもいい持ち物)

ここからは持っていっていないものになります。人によっては必要なものもあると思いますが、自分にとってはなくても問題ないと判断したものです。

 

なくてもいい持ち物:パソコン

スマホでほとんどのことができるようになったので、逆にパソコンでしかできないことはほとんどありません。このブログもすべてスマホで書いてます。音声入力で下書きしてから無線キーボードで修正すればパソコンとほぼ同じ所要時間で作成できます。

強いて言うなら、スマホからだとなぜかAmazon PhotoやGoogle PhotoにRAWファイルがアップロードできない点ですが、そのためにパソコンを持っていく判断にはなりませんでした。

 

なくてもいい持ち物:外付けHDD

2TBのHDDを買いましたが、以下の理由から持っていくのをやめました。

  • かさばる&重い
  • 振動に弱い
  • 3ヶ月前後の旅行であれば300GB程度しか使わなかった。

 

割高にはなりますが、microSDカードを複数枚持って行く方が小さくかさばらずに振動にも強いのでオススメです。

 

なくてもいい持ち物:ドローン

ドローンもできれば持って行きたかったですが、以下の理由から候補から外れました。

  • かさばる&重い
  • 盗られるリスクが高まる
  • ドローン禁止区域も多い
  • 各国でドローンの規制内容が異なるので毎回調べる必要あり

ドローン禁止区域も多くて事前調査や申請などにさらに時間が必要です。

ドローンでの撮影がメインなら持っていくべきですが、ついでにドローンで撮りたいなぐらいのレベルであれば、持っていかないことをオススメします。

 

なくてもいい持ち物:シャンプー&コンディショナー

ダヴやパンテーンなどの世界的ブランドは現地でも購入できるので、無理に日本から持っていく必要はありません。なくなり次第購入しています。

 

なくてもいい持ち物:洗顔用具ケース

無印で洗顔用具ケースを購入したので使っていますが、正直ジップロックで代用できます。

短期間の旅行には役立つと思いますが、思った以上にあまり入りませんでした。シャンプーが漏れた時、洗濯&乾燥しにくかったのもマイナスポイントです。

 

なくてもいい持ち物:携帯ウォシュレット

日本以外にウォシュレットを見かけることはありません。ウォシュレットがないと生きていけない…!という人は持っていきましょう。私はなくても生きていけるので持っていっていません。

 

なくてもいい持ち物:メモ帳

アナログ方式で考えたい時や、コミュニケーションツールの一つとして使えますが、どこでも買えますし、裏紙ななどでも十分なので、わざわざ持っていく必要はないと思います。

100均でも買えます。

 

なくてもいい持ち物:双眼鏡

美術館やサファリなどで活躍しますが、双眼鏡の代用としてミラーレスで撮って拡大表示してました。なくてもなんとかなります。

 

なくてもいい持ち物:証明写真

余った証明写真を持っていくと使える時があるかもしれませんが、わざわざ日本で準備する必要はありません。

証明写真が必要な申請所の近くにはだいたい写真屋さんがありますし、必要な写真のサイズも様々なので現地で撮った方が便利です。

 

なくてもいい持ち物:裁縫用具

現地でも買えますし、路上で縫製している地元の人も多いので、安く直してもらうことも可能です。私の場合は、帰国した際に実家で縫えば十分でした。

 

 

重要度★☆☆☆☆(世界一周に不要な持ち物)

実際に購入しましたが、使う機会がほとんどなかったため不要だと判断したものです。

 

不要な持ち物:スクラババッグ

実際に買って使ってみましたが、思ったより量が入らなかったです。

Airbnbで洗濯機のある宿に泊まったり、数日分であればシャワーに入った時に一緒に洗ったりした方が手っ取り早いという結論に至り、家でお留守番になりました。

 

不要な持ち物:洗濯用バケツ

バケツは宿のスタッフに言えば借りれることが多いので、わざわざ持っていく必要はありません。数日分であればシャワーに入った時に一緒に洗ってしまえます。

 

不要な持ち物:変圧器

ほぼ全ての電子機器は100V〜220Vまで対応しているので、変圧器がなくても使えます。わざわざ持っていく必要はありません。

 

不要な持ち物:蚊帳

マラリアの恐れがある地域では安宿でも蚊帳が設置されていることがほとんどです。蚊がいなくなるスプレーも合わせて使うので、わざわざ持ち歩く必要はないと思います。

 

不要な持ち物:折りたたみ椅子

田舎の待合所などで座る場所がない(汚すぎて座りたくない)という場合に備えて持っていましたが、近くのカフェやレストランで時間を潰したり、バスターミナルのイスも特に問題なく座れるのでほぼ使いませんでした。

唯一役立ったのはハワイ行きの飛行機が台風で欠航になり、翌朝のバス待ちの列で4時間以上待機していた時だけ。わざわざ持ち歩く必要はありませんでした。

 

不要な持ち物:レジャーシート

メインバッグを直接地面に置く場合などにいるかと思いましたが、バックカバーもあるので直接置いてしまうことが多いです。

サブバッグはバッグハンガーのClipa2で机に引っ掛けるか、ヒザの上で抱きかかえているので使う機会がありませんでした。

 

不要な持ち物:カッパ(ポンチョ)

バックパックカバーと折りたたみ傘で十分です。

着るのに時間がかかってめんどくさいので使わなくなりました。雨が強い場合は翌日まで待機するか、Uberでタクシー移動したりするので使う機会はほとんどありません。

 

不要な持ち物:5本指靴下

歩き疲れないと聞いたので買ってみましたが、歩き慣れませんでした。

特に指の部分が乾きにくく、左右を揃える必要があるのも手間でした。防臭効果も謳われていますが、毎日のように洗っていたので普通の靴下で十分でした。

 

不要な持ち物:電子辞書

スマホで調べた方が早いです。

 

まとめ:世界一周にオススメの便利な持ち物リストを全部紹介してみた!自分に必要な荷物を選んで!

今回は、世界一周にオススメの便利な持ち物リスト!必需品から不要品まで!についてお伝えしました。

 

紹介したすべての荷物をカバンに入れると、メインバッグ約13kg、サブバッグ7kgになります。

最初にお伝えしたように、世界一周に必要な持ち物は人によって様々なので、自分の旅のスタイルに合わせた荷物選びをしましょう!

万全の準備をして、世界一周を楽しんできてくださいね!

 

世界一周経験者の方で、オススメの持ち物があればコメントで教えて下さい!

参考になれば幸いです!

 

ほなまた明日!

 

コメントはこちらから