【18年10月】北京に行ったら北京版ICカードの一卡通(イーカートン)を手に入れよう!これ一つで地下鉄とバスに乗れる!【中国】

電車

まいど!なにもにおです!

北京に到着した後、北京版ICカードの一卡通(イーカートン)を是非とも買いましょう!これがあれば、北京の移動はだいぶ楽になりますよ!

スポンサーリンク

一卡通(イーカートン)とは?

一卡通(イーカートン)は北京版のICカードで、地下鉄とバスの支払いができます。SuicaやICOCAと同じですね。また、運賃が半額近くも割引もされるので、是非とも手に入れて下さい。

Suicaと同じように改札や、機械にかざすだけで、地下鉄とバスの乗り降りができます。

日本のICカードと異なるのは、お店での支払いには対応していない点です。お店での支払いはWechat Payが一般的です。Wechat Payに対応していないお店は、屋台を含めて見たことがないぐらいです。

一卡通(イーカートン)はどこで買えるの?

駅にあるカスタマーサービスに買いたい旨を伝えるだけです。

中国語ができなくても問題ありません。なにもにおが買った時は、カスタマーサービスに一卡通(イーカートン)の写真を見せて、お金を渡しただけで理解してくれました。

一卡通(イーカートン)の料金は?

デポジットとして20元(約330円)が必要です。チャージ金額はその20元(約330円)を引いた金額になります。あくまでデポジットなので、カードを返却する際に20元(約330円)も帰ってきます。

今回、北京に6日間滞在する予定だったので、100元(約1,650円)を渡しました。残りの80元(約1,300円)がチャージ金額になります。

チャージは後からでもできますので、最初は少額だけチャージして、後から追加してチャージしても構いません。

地下鉄も1時間ぐらい乗車しても6元(約100円)程度なので、滞在日数に応じてチャージ金額を調整しましょう。

一卡通(イーカートン)の払い戻し方法は?

買った時と同様に、駅のカスタマーサービスで払い戻しができます。

一卡通(イーカートン)を窓口に出して、スマホの翻訳アプリで「カードの払い戻しをお願いします」の翻訳結果を提示すれば払い戻しに応じて頂けました。

まとめ:北京に行ったら一卡通(イーカートン)を買おう!

北京は2000万人を超える大都市で、地下鉄網が東京と同じぐらいか、それ以上に発達しています。また、バスの路線も無数に走っているため、移動は公共交通機関で十分です。

その公共交通機関に使える一卡通(イーカートン)を手に入れれば、切符を買う手間はなくなり、安い運賃を気にせずに移動できますのでオススメですよ!

購入した日の記事はこちらから!

【14日目/北京】天安門から故宮博物館へ!スケールのデカさに圧倒された!【中国】
...

中国(深セン、天津→北京→西安→西寧→ラサ(チベット)→成都→重慶)を旅したまとめ記事はこちらから!

22泊23日中国横断記事まとめ!深セン、天津、北京、西安、西寧、ラサ(チベット)、成都、重慶の8都市に行ってきた!【世界一周】
...

 

コメントはこちらから