【19年5月】スマホが壊れたので海外(インド)からクレジットカードの携行品補償申請してみた!【楽天プレミアムカード】

保険

まいど!なにもにおです!

 

2019年5月1日。

 

記念すべき令和元日、私はネパールのプーンヒル(3,210m)にいました。

ヒマラヤ山脈から昇る朝日を見るために朝4時に起きて暗い闇のなかをひたすら上り、展望台でスタンバイ。

 

だんだんと明るくなっていく空。

 

そろそろ朝日がくる…

 

 

スマホご臨終。

 

令和初日になんてこった/(^o^)\

 

 

失意の下山中、ふと思い出しました。

「クレジットカードにスマホなどの紛失、盗難、破損時に補償してくれる保険付いてなかったっけ?」

 

調べてみると携行品補償と言うそうです。

今回の場合も該当するかも!ということで、実際に楽天プレミアムカードの携行品補償を申請をしてみました!

 

結論から言うと、海外からでもクレジットカードの携行品補償は受けられる!みたいです(曖昧な理由は後述)。

 

スポンサーリンク

クレジットカードの携行品補償って何?

あまり聞き慣れない「携行品補償」ですが、楽天プレミアムカードの携行品補償の項目には以下と書かれています。

 

携行品損害
1 保険金をお支払いする場合
海外旅行中に携行品(カメラ、宝石、衣類など)が、盗難、破損、火災などの偶然の事故にあって損害を受けた場合、携行品1つ(1点または1対)あたり10万円を限度として時価または修繕費をお支払いします。(ただし、乗車券等の損害額が5万円を超えるときは、5万円限度。)尚、同一の旅行期間についての限度額は50万円(自動付帯:30万円、利用条件:20万円)、会員資格期間中の総限度額は50万円(自動付帯:30万円、利用条件:20万円)とします。

ご注意
●携行品とは、会員が所有かつ携行する身の回りの品をいいますが、現金、小切手、株券、手形その他の有価証券、印紙、切手、預金証書、クレジットカード、運転免許証、定期券、図面、設計書、帳簿、各種書類、船舶、自動車、義歯、コンタクトレンズ等は含みません。(海外に居住している場合、その居住施設内にあるものは除かれます。)
●1回の事故について損害額のうち、3,000円(免責金額)はご自身で負担していただきます。
●パスポートの盗難等による損害の場合は、旅券の再取得費用、渡航書の取得費用(現地にて負担された場合に限ります。交通費、宿泊費を含みます。)を損害額とし、1回の事故につき5万円を限度とします。

●危険なスポーツを行っている間のそれらの用具の損害については保険金は支払われません。

2 保険金をお支払いできない主な場合
●会員あるいは保険金を受け取るべき者の故意

●戦争・暴動その他の変乱
●差し押さえ、徴発、没収、破壊等国または公共団体の公権力の行使

●携行品の瑕疵または自然の消耗

●携行品の置き忘れまたは紛失 など

 

つまり、海外旅行中にカメラ、スマホなどが盗難や損傷した場合、自己負担3,000円/個で10万円までの買い替え分 or 修理費が補償される!

また、自動付帯の上限額は30万円/年、利用付帯の上限額は+20万円の50万円/年(楽天プレミアムカードの場合)です!

 

自己負担3,000円でスマホが修理できるなんてありがたい!!!

実際に楽天プレミアムカードの携行品補償を申請してみました!

 

実際に海外(インド)からスマホの修理代を楽天プレミアムカードの携行品補償で申請してみた!

今回は楽天プレミアムカードの保険デスクに電話してみました。

 

楽天プレミアムカードの保険デスクの公式サイトが見つからなかったので、PDFのスクショを貼っておきます。最新版とは限らないので電話する際にはご自身で確認して下さい。

【19年5月】スマホが壊れたので海外(インド)からクレジットカードの携行品補償申請してみた!【楽天プレミアムカード】

 

本当はもっと早くに申請したかったのですが、サブスマホ(前のスマホ)に指したインドの電話番号からだと電話が繋がらず、結局はスマホの修理が終わってから、LINE OUTで+81-18-888-9871に電話しました。実際に電話したのは19年5月25日(土)です。

 

通話は録音されています、との自動アナウンスの後、保留音が流れ、すぐに女性のオペレーターに繋がりました。

携行品保障の対応をお願いしたい、と伝えると、「電話料金が発生しているはずなので、折返しかけますね」とのこと。名前とインドの電話番号を伝えて電話を切りました。10分たっても電話がかかってこない場合は再度電話してほしいとのことでしたが、数分後に電話がかかってきました。

 

スマホが壊れた事故発生時の状況を説明する。

初めにどういう状況でスマホが壊れたのか説明します。私は抜け漏れがあると嫌だったので、事前に日時と状況のメモを見ながら電話して伝えました。

参考までにこんな感じで準備してました。初めてのことであたふたしがちなので、準備することをオススメします!

 

日時:5月1日6時15分ごろ
場所:ネパール プーンヒル頂上
状況:朝日に照らされたヒマラヤ山脈を撮ろうとして展望台で待機していたところ、後ろから急に押されたはずみでスマホが5mほど下の階段に落下し、スマホが損傷。特にディスプレイがバキバキに割れて一切表示されない状態に。電源ボタンを長押すると振動するので、おそらくディスプレイ部分のみが損傷していると思われるが、全く使えなかった。

スマホはOnePlus6で、18年9月に約55,000円で購入した。インドで正規店があったため、19年5月21日に修理。ディスプレイの修理費は8,153ルピー(約12,850円)だった。

 

以上を説明して質問はありませんでした。次に本人確認へと移ります。

 

カードの本人確認のため、必要な情報を伝える。

確認された事項は以下です。

  • 名前(漢字も)
  • 生年月日
  • 楽天プレミアムカードのクレジット番号
  • 有効期限
  • スマホの機種名
  • 金額(ざっくり)
  • 購入日(ざっくり)

 

来週月曜日にカード会社(楽天カード)に問い合わせるため、メールの送付には7〜10日かかるとのことでした。

カード会社に問い合わせると言われて、一瞬なんで?と思いましたが、楽天プレミアムカードの保険は三井住友海上が担当してるので楽天カードに問い合わせる必要があるんですね。

 

携行品補償の内容について説明を受ける。

今回は携行品補償の手続きになるので、承認されれば補償額から3000円を引いた金額が振り込まれる予定。

楽天プレミアムカードの場合、自動付帯で年間30万円が限度。スマホの使用年数に応じて時価額を算出し、それが最大補償額になる。

おそらく今回はすでに修理済みとのことなので、承認されれば、修理費から3000円が引かれた金額が振り込まれるはずとのこと。

また、他のクレジットカード会社の携行品補償にも申請している場合は、楽天プレミアムカードの携行品補償の金額は折半されるとのことでした。

 

郵送時に必要な送付資料について

メールが来た後は、申請書をプリントアウトして必要事項を記入して、他の書類も送付します。

 

  • 携行品補償の申請書
  • 領収書
  • 壊れた時の写真(あれば)
  • 出国時の半券 or E-チケット

 

クレジットカードの携行品補償は海外からも申請できるの?質問してみた!

状況の説明と確認事項の連絡が終わったので、いくつか気になる点を質問してみました。

 

質問:世界一周旅行中のため、海外から携行品補償の申請を行うことは可能なのか?

回答:海外からの携行品補償の申請も可能

今回の携行品補償の申請の電話の後、カード会社(楽天カード)にカード保有者の確認を行い、確認が取れ次第、メールを送付する。7〜10日かかるので待ってほしいとのこと。

メールには携行品補償の申請書などのPDFが添付されているので、プリントアウトして必要事項を記入した後、最寄りの海外拠点に送付してほしい。その際の切手などの郵送料は自己負担

また、事故発生日から3年は携行品保障の対応は可能とのことなので、私の一時帰国予定の9月末(約4ヶ月後)にでも携行品補償の申請はできるみたいです。

海外拠点はバンコク、インド、ロンドンなどにもあるとのことで、インドに滞在している期間を考えると、今回はロンドンへ送付することになりそうですね。

 

質問:補償額の振込にはどれぐらいの時間がかかるのか?

書類に不備がなければ2週間〜4週間で振り込まれるはずとのこと。

 

質問:不明点があれば連絡するとのことだが、国をまたいで移動するため、どうやって連絡を取るのか?

今後はメールで連絡を取り合うとのことで、メールアドレスと、一応日本の携帯電話も伝えました。

 

まとめ:楽天プレミアムカードの携行品補償を申請してみたら、意外と簡単だった!

今回は、スマホが壊れたので海外(インド)から楽天プレミアムカードの携行品補償申請をしてみました!

 

世界一周中に携行品補償の申請ができるか心配していましたが、できるみたいなので杞憂でした。携行品補償の申請の前に事故の発生状況についてまとめておくと簡単でした。

 

一番難しかったのは、海外から携行品補償の受付窓口の電話番号に電話することだったかもしれません。笑

インドの電話番号からはなぜか繋がらず、スカイプは有料(600円/月)のプランに入らないと電話ができませんでした。今回はLINE OUTから電話できましたが、メインスマホが壊れていた時は当然LINEも使えず、移行もできずで困り果ててました…。ちなみに今回の携行品補償の申請の電話は20分程度でした。

 

携行品補償の申請をしたいけど、いつすればいいのか分からない場合は、まずは一報すればなんとかなりそうです。帰国後でも対応してもらえるため、必要書類を実家に送付しましょうか?と言われましたが、今回はブログのネタのため、海外で携行品補償を申請してみることにします。笑

 

今回は携行品補償の申請の電話だけでしたが、書類を送ってみたら再度更新しますね!

 

追記:楽天プレミアムカードの保険デスクから連絡が来た!

7営業日前後かかると言われていた楽天プレミアムカードの保険デスクからメールが届きました!

 

 

仕事が早い!!!(喜

 

海外に長期間いるため、「7営業日と言いつつ10日はかかるでしょ?」と思ってましたが、まさかの翌営業日とは。さすがの日本クオリティ!

 

嬉しい反面、残念な点もありまして…

 

 

イギリスの住所しか記載されてませんでした。そりゃ、インドの住所なんて送らないですよね。これは仕方ない。

インドから最寄りのインド事業所ではなくイギリスに送ると送料がべらぼうにかかりそうなので、ヨーロッパを旅する時に時間を見つけて送る予定です。その時にはまた更新しますね。

 

参考になれば幸いです!

 

ほなまた明日!

 

おまけ!OnePlus6の最期のタイムラプスを是非ご覧ください。

インドにあるOnePlusの正規店で修理したらデータも完全に残ってました!ありがとう!OnePlus!

前のディスプレイの供養(?)のため、命(画面)と引き換えに撮ったタイムラプスを見てあげて下さい。

 

 

OnePlus6オススメですよ!!!

【18年12月】世界一周の持ち物まとめ!〜電子機器編〜
...

 

コメントはこちらから